温泉美食倶楽部活動報告書

温泉と適当に飯など

53・斜里温泉 湯元館

温泉

f:id:sticknumber31:20180225232254j:plain

施設外観。湯治場然としており、バックパッカーやライダーなどに人気の模様。

旅の達人が使う感じの宿だ。

f:id:sticknumber31:20180225232453j:plain

マニアの間でも評価の高いモール泉。お湯の活きは流石に良い。

色は確かに黒みがかっているが、透明度はそこそこある。

 

成分分析書

f:id:sticknumber31:20180225232700j:plain

やはりというか、当然の如く重曹泉。

モール泉らしく腐植質の記載もある。

 

概要

斜里町は良いところですよ。のどかでねぇ。THE北海道という感じだ。

そんな斜里町斜里岳なのか、羅臼関連なのかは知らんけども火山性地熱はあるようで、ここもいい感じの温度の湯が出てます。

f:id:sticknumber31:20180225233108j:plain

あんまりいい写真じゃないが、だいたいこんな雰囲気。

f:id:sticknumber31:20180225233307j:plain

まさにバイクで来いって感じね。ライダーにとっては最高のロケーションだ。

不穏な雲と青い空のコントラストが大自然感ある。

遠巻きに見る斜里岳は結構な名峰で、やはり人は山と共にあるって感じがする。

泉質からも判る通り、ここは昔から肥沃な樹木が生い茂っていた土地なのだろう。

 

総評

内湯一択の男らしい温泉。

露天風呂などはないが、掛け流しのモール泉が静かに浴槽に張られている。

施設内は古さこそあるがまぁボチボチ整っていて、泊まる分には問題はなさそう。

成分分析上は前述の通り、腐植質と炭酸水素ナトリウムがメインとなるカーボン系の温泉だ。

カーボンがあるって事は地下に有機物が豊富にあると云う事なので、まぁ北海道らしい温泉といえるでしょう。

お湯の感じはさほどヌルヌルしたイメージは無かったが、モール泉らしく仄かに茶色がかっており、普通のお湯よりも明らかに血管拡張作用があるように感じる。

よく温まるという評価は妥当なものと云えるでしょう。

成分もそこまで重くないので、風呂上りにさほど疲れはしなかったです。

 

美食

サーセン。斜里では何も食べずに通過してしまいました。

f:id:sticknumber31:20180225234820j:plain

清里町のジャガイモ焼酎を張っておきます。

芋は芋なので、風味はサツマイモの焼酎に近い感じだったよ。