温泉美食倶楽部活動報告書

温泉と適当に飯など

199・院内妙見温泉

温泉

f:id:sticknumber31:20210729170359j:plain

施設外観。若干山の中にあるので、雰囲気はなんとなく秘湯感を出している。

 

成分分析表

f:id:sticknumber31:20210729170646j:plain

大分県にしては珍しく、ぬるい温泉。

ぬるいならぬるいで別に良いんだけど、そのままの湯を使ったぬる湯は無く、加温による浴槽のみである。

 

概要

f:id:sticknumber31:20210729171937j:plain

宇佐市から別府市方面への中継地点にある温泉。

標高はそれほど高くないが、森林風景が広がる国道沿いに位置する。

f:id:sticknumber31:20210729174011j:plain

この日は国東の方を走っていたのですが、豊後高田界隈でトトロが出そうな感じの神社を発見した。極めて古い日本的というか、九州の風景って感じがするねぇ・・・。

虫の鳴き声も雰囲気をかなり出していた。

 

総評

f:id:sticknumber31:20210729174341j:plain

透明ではあるが、気持ち黄色みがある。香りも微かに土の匂いがし、モールの気配を感じる。泉質はナトリウム/塩化物泉であるが、かなり薄いのでほぼ単純泉の浴感です。

f:id:sticknumber31:20210729174736j:plain

ここは洗い場だけが湯屋で、浴槽は露天風呂のみなので葉っぱなど色々と浮いているものは浮いているのだが、お湯そのものの透明度は高い。

 

ただ、加温した湯なので気持ちお湯の鮮度に低下があるのが非常に惜しい。

大分県は温泉のレベルが高く、殆どが源泉掛け流しなので、鮮度の低下はどうしても目立ってしまうのだ。ぬるい湯はぬるい湯でいいので、そのまま掛け流しの浴槽も用意すべきだったように思う。

 

美食

f:id:sticknumber31:20210729180220j:plain

この日、国東で食った豆カレー。

え!?海鮮じゃないの?というツッコミが入りそうだが、これめっちゃ美味かったんすよ。国東って大豆も有名なんですかね・・・。

f:id:sticknumber31:20210729180925j:plain

道の駅国見のタコの唐揚げ。

タコの旨味が出ていて非常に美味。

スプラトゥーン等といい、よくイカと比べられるタコだが、出汁はタコの方が一枚上手だと思うんだよなぁ。

f:id:sticknumber31:20210729181149j:plain

そこでタコ飯も食う。

やはり出汁はタコの方が上手。

198・ぶんご温泉 高田の湯

温泉

f:id:sticknumber31:20210723000350j:plain

施設外観。

スーパー銭湯・・・ですね。

 

成分分析表

f:id:sticknumber31:20210723001802j:plain

泉温はそこまで高くないため加温になるが、まぁまぁの炭酸濃度と炭酸水素イオンを持つナトリウム・マグネシウム/炭酸水素塩泉である。

 

概要

f:id:sticknumber31:20210723004315j:plain

大分市内にあるスーパー銭湯の一つ。観光客はまず来ない場所なので、地元民しか知られていない温泉の一つと言える。

f:id:sticknumber31:20210723004447j:plain

昔ながらの良き古き雰囲気を残すスパ銭。風呂上りにサイダーとか飲みながらこういう所で無心になるのが気持ちええんじゃ。

 

総評

f:id:sticknumber31:20210723004636j:plain

風呂場の写真は流石に利用者が多く、無し。

循環は無く掛け流しは掛け流し。ただ、塩素消毒と加温があるという事で、自慢の炭酸要素はある程度すっ飛んでしまっている印象。

 

循環でないので湯量が細いという事はない筈だが、温泉がそのまま使ってある浴槽は露天風呂のみである。色はモールとは毛色の違う明るい黄土色系の濁り湯で、見た目的には塩の湯のような印象を受ける。

ただ、塩分があるにはあるが、ナトリウムイオンも塩素イオンもそこまで多くないので、温まるといえば温まるが、見た目ほど熱の湯という浴感は無かった。

 

良い点があるとすれば、スパ銭故にサウナ&水風呂が完備しており、水風呂とは別に冷風浴室も完備されている所だ。古代ローマ式とは珍しい。

 

ともかく、クールダウンできるスポットが充実しているので、サウナにせよジャグジーにせよ、交代浴で色々と捗る施設なのはスバラである。別府もこういう所もっと見習ってほしいなー。

 

美食

f:id:sticknumber31:20210723005417j:plain

チャーハン!チャーハン!

隣に中国人ファミリーが経営する中華料理屋があり、安定したクオリティの中華料理を食べれるようになっている。

f:id:sticknumber31:20210723005536j:plain

中華料理は和食同様にどういう組み合わせの料理を頼むかセンスを問われるが、チャーハンの付け合わせに茄子の肉みそ炒めを頼んだのは我ながら正解であったと思う。

茄子なんだけどほぼ肉食ってるみたいな味付け。チャーハンとの相性も抜群でしたね・・・。

 

中華は時々無性に食べたくなるからね。

197・玉名温泉 立願寺温泉ホテル

温泉

f:id:sticknumber31:20210716232034j:plain

施設外観。源泉近くにある中規模ホテル。

団体からビジネス利用までカバー。

 

成分分析表

f:id:sticknumber31:20210716232501j:plain

泉質はアルカリ性単純泉で、源泉は40.4℃とぬるめ。季節(夏)のせいで源泉温度が揺らいでいるため、内湯は加温されているかもしれない印象を受けたが・・・ガスっぽい匂いもないので、そのまま掛け流しかもね。

冬場はぬるいかもしれないが、夏は熊本県は異様に暑いので、これはこれでいい塩梅。

若干のラドンが検出されている放射能泉でもある。

 

概要

f:id:sticknumber31:20210716233034j:plain

熊本市内はそれほど温泉は出てないのだが、前回の地涌の温泉といい、北部エリアはポツポツと温泉が湧出している。距離的にも玉名温泉は熊本市内からすると訪れやすい温泉地であるが、熊本県には南阿蘇~小国町&黒川温泉といった秘湯エリアもあるので、奥座敷と呼ぶにはややカジュアルすぎるエリアかもしれない。

 

周りにハイレベルな温泉があり過ぎるが故に、箱根やら鬼怒川やら有馬温泉みたいな立ち位置になれてないのが何とも惜しい。温泉自体の質は素晴らしいからね。

f:id:sticknumber31:20210716234011j:plain

トイレに掲示された短歌。

まったく、センスの良い旅館だぜ・・・。

 

総評

f:id:sticknumber31:20210716234133j:plain

奥の浴槽が結構熱く、43℃位の浴感であった。

しかし前述の通り、源泉温度の季節変動しているだけかもしれない。

お湯は自然空冷で手前の浴槽に注がれ、こちらは42℃程度と適温になっていた。

高アルカリ泉ではないので、ツルツル感はそれほどでもなく普通。

f:id:sticknumber31:20210716234638j:plain

溢れたお湯がそのまま排水口に流れて行っているのが印象的。完全なかけ流しである。

f:id:sticknumber31:20210716234754j:plain

南国感のある露天風呂。こちらはかなりぬるい調整になっており、夏場の入浴ではマジでいい塩梅になっている。打たせ湯もあり。

見た目の通り、完全な単純泉で匂いも全くクセが無い。九州では類泉が多いので埋もれがちかもしれないが、北海道視点で見ると仁伏温泉や北湯沢温泉に並ぶ名湯だと思う。

f:id:sticknumber31:20210716235405j:plain

露天風呂の奥に源泉らしいタンクが見える。源泉距離も近く、お湯の鮮度は申し分なく高い。

f:id:sticknumber31:20210716235527j:plain

ラドン泉でもあるという事で、トロン蒸気浴のコーナーもある。

お湯の温度は高くないが、この手の放射能泉はミストを吸うのも重要な入浴法でもある。単純泉ではあるが、こういう点で見るとハイブリッドな泉質の温泉でもある。

 

今回は観光ではなかったのでゆっくり温泉街を回る事ができなかったが、雰囲気的には静かな落ち着いた感じの街並みで、時間さえあればもうちょっと湯巡りとかもしてみたかった温泉であった。

 

熊本市民は再評価してあげて、どうぞ。

 

美食

f:id:sticknumber31:20210717000928j:plain

小国町の道の駅で食べた洋食屋三代目吉井商店の赤牛ハンバーグオムライス。

値段は多分・・・2400円位だったかと。

かなりお高いが、値段に見合った旨さがあった。

フワフワかトロトロか、卵の硬さも選べるぞ。

やっぱガチのデミグラスソースはコンビニのそれとは別格や!!

 

余談

f:id:sticknumber31:20210717001709j:plain

車を買い替えました。(中古だけど)

前期型のV37・スカイラインハイブリッドです。以前のSUVから比べると悪路は行きにくくなりましたが、今後はコイツであちこちの温泉を巡ってみたいと思います。

 

あぁ^~たまらねぇぜ。

196・地涌の温泉(ちかくのおんせん)

温泉

f:id:sticknumber31:20210630211253j:plain

入口の様子。会員制温泉・・・?

この温泉、Lineでフォローする等の登録を経ないと入れないというルールになっているらしい。

コロナによる感染対策(濃厚接触者が出た内の連絡手段)という意味も含んでいるらしいが、そもそも高湿度環境の浴場では余程のおしゃべりが無い限り伝播はしにくい筈な。個人的な連絡先を教えるみたいで、なんだか抵抗感はある・・・。

 

成分分析表

掲示なし。

f:id:sticknumber31:20210630211631j:plain

代わりにこのような掲示が。

色々と書いてありますが、

1.高温泉

2.ナトリウム/炭酸水素塩泉

3.源泉掛け流し

この辺りはガチ。

 

気になるのは高温泉≒高張泉っぽい感じの事を書いてますが、これは間違いです。

高温泉は地熱に左右されるだけなので、相関性はありません。

低温の高張泉もあれば、高温の低張泉も沢山あります。熱海や箱根のような伊豆界隈の温泉や、別府とか湯布院も高温低張泉です。

 

個人的な判定では間違いなくここは低張泉。

実は低張泉(特に単純泉)ほど温泉のpHはアルカリに寄りやすい傾向があり、この温泉の浴感、見た目、味からして低張泉である事はまず間違いなし。

 

温泉界の海原雄山温泉ソムリエマスターの目はごまかせないんやな。

ここに限らず、九州は割と掲示してない施設が多い気がする。

成分分析表は温泉にとってのスペック表でもあるので、必ず掲示してほしい。

 

概要

f:id:sticknumber31:20210630212825j:plain

熊本市内から車で大体30分くらい?

九州に来るまでは知る由もなかったが、このエリアは辰頭温泉など実に様々な温泉が湧いている。いずれも平地なので黒川温泉のような幽玄とした雰囲気ではなく、農地や住宅街にある、町民の温泉といった雰囲気である。

 

総評

f:id:sticknumber31:20210630213451j:plain

内湯の様子。

お湯は透明ではあるが、浴槽の底にそこはかとなく含まれた僅かな鉄分の残滓が見える。

f:id:sticknumber31:20210630213712j:plain

露天風呂の様子。

全くの透明な温泉である。浴槽からお湯が惜しげもなく溢れているため、掛け流しなのは確実。こちらも注ぎ口付近に微かに鉄分の気配があるね。

f:id:sticknumber31:20210630213953j:plain

キレイなお湯だぁ・・・。(恍惚)

このように優れた透明度と、炭酸水素イオンを含んだ弱アルカリの液性によるツルツルとした肌触りがとても良い。

温度は高温泉とあるが、50℃を超えるような事はないのではないかと推測。この日は結構気温が上がって暑かったが、露天風呂はぬる過ぎず熱すぎずのいい塩梅になっており、開放感もあって心地よかった。

 

比較的新しい温泉らしく、建物など設備もピカピカである。

風呂としては内湯&露天の2浴槽式。

価格も300円という事で、サウナや水風呂の他、シャンプーなどのアメニティ類は無し。

 

泉質は素晴らしいが、エンターテイメント性という意味では普通の温泉であり、回転率は早そう。何より会員制って事で敬遠して帰る人もいるのではないかと思う。

泉質至上主義の自分としては全く問題のない温泉だが、普通の家族連れなどには退屈な温泉かもしれません。

オーナー側に「みんなに温泉は提供したいけど、あまり商売っ気は出したくない。」という思いがあるのかもしれませんね。

 

美食

f:id:sticknumber31:20210630215447j:plain

市内からは若干離れますが、赤牛丼・いわさきのメガ盛り牛丼である。(3500円)

熊本といえば馬刺しですが、実は赤牛っていうのも有名らしい。

赤牛と聞くと赤べこを思い出すわけだが、あれは山形だっけ?

しかしこの見た目、牛丼っていうかステーキ丼ですね・・・。

インスタ映え間違いなしのメガ盛り!という事だったが、ご飯は500gと割と普通なので全然食べれる。ココイチで500g食うよりは全然楽。

卵が3つも乗ってるし、ワサビや辛みそなどで味変しながら食べれるので、飽きが来ないぞ!

195・いかりやま温泉

温泉

f:id:sticknumber31:20210617234255j:plain

大分市内にある街の温泉。入口の雰囲気はこんな感じ。

なお、駐車場は狭いが屋上にも駐車場有。

 

成分分析表

f:id:sticknumber31:20210617234955j:plain

アルカリ性重曹泉である。下の方にガチっぷりをアピールする文言が書いてある。

f:id:sticknumber31:20210617235153j:plain

成分以外にも色々と記載がある。

注入時は46℃とあるが、季節によっては井戸水による加水があるそうだ。

 

概要

f:id:sticknumber31:20210617235632j:plain

この縮尺のマップでも分かると思うが、大分市は意外にもかなりの数の温泉が湧いており、その殆どが高温泉である。別府のような100℃近い源泉は流石にないが、掛け流しに適した45℃付近の湯がポコポコと湧いており、しかもその多くがモール泉であるという傾向を持つ。

 

以前紹介した大在温泉166・大在温泉 - 温泉美食倶楽部活動報告書 (hatenablog.com)と同じく、今回紹介するいかりやま温泉もそんなモール泉の一つである。

 

総評

f:id:sticknumber31:20210618000048j:plain

浴客のいる公共浴場につき中は撮れないので、まぁ雰囲気だけでも・・・の写真。

 

露天などは無く、内湯一択の漢らしい設備。

お湯の感じは大在温泉にかなり近く、琥珀色をした弱モール系温泉。

香りもしっかりと土の匂いがして、久々に入るとこれはこれで良いと思う。

 

肌触りはやはりモール系特有のツルツルスベスベとした感触があり、やはり別府等とは違うこの浴感も地元民から愛されている理由の一つだと思う。

湯温に関しては熱すぎずぬるすぎずの温度管理で、ちょうど良い塩梅である。

まー個人的には大在温泉みたいにアッツアッツにしてほしい感が無きにしも非ずだが・・・。

 

そしてここはキッチリ水風呂も完備されていて、その点も大在温泉と同じく、地熱の影響で湧水すらそこまで冷たくないのか、水風呂も冷たすぎない優しい感じで、ゆっくりと時間をかけてクールダウンする事が出来た。

 

サウナもあるので混むときは混むかもしれないが、そもそもマニアックな温泉なので、時間帯をずらせばしっかりと高品質の高温モール泉を心行くまで味わう事が出来るだろう。

 

美食

f:id:sticknumber31:20210618000847j:plain

またラーメンか!(呆)

大分では珍しい横浜家系ラーメンを提供する馬力屋のクソデカチャーシュー麺

麺はしっかり家系っぽい太麺で、スープも確かに家系を彷彿させる醤油豚骨でした。

北海道を離れてからというもの、山岡家に飢えていましてね・・・。

大分県内はやっぱ久留米系の豚骨ラーメンが勢力が強いと思う。

最寄りの山岡家は北九州らしいので、そのうち行ってみようかと思います。

194・湯の児温泉(中村温泉)

温泉

f:id:sticknumber31:20210613222748j:plain

施設外観。貸切湯屋の外に温泉タンクがデーン!と構えていて、ゼロ距離源泉である事を物語っている。

 

成分分析表

掲示なし。

飲泉も可能な単純泉の模様。

源泉は低温泉ではないが、そこまで熱くなく、適温。

 

概要

 

f:id:sticknumber31:20210613223519j:plain

湯の児温泉は熊本の南側、水俣市の近くにある風光明媚な温泉地である。

f:id:sticknumber31:20210613223611j:plain

新幹線だと新水俣からのアクセスが最も速いか。

海に面したところにあって、天草地方が目の前に見える。

f:id:sticknumber31:20210613223756j:plain

温泉街の雰囲気はこんな感じ。人がいねぇ・・・。

f:id:sticknumber31:20210613223839j:plain

海側から見るとまぁまぁ旅館が立ち並んでいるのが判る。

f:id:sticknumber31:20210613223951j:plain

向こうに見えている島が天草である。

天草といえばサムライスピリッツ世代としてはアンブロジャ様に忠誠を誓った天草四郎時貞である。ヒョッホーゥ!とか言ってワープすんの。んで、何故か水晶玉で真っ二つにされたりする。

f:id:sticknumber31:20210613224155j:plain

湯の児温泉の小高い丘の上には福田農場っていうスペイン推しの農場があって、焼き立てのパンやらスペイン料理やらミカンジュースが飲めたりします。

あと、なんか亀がいるらしい。

f:id:sticknumber31:20210613224321j:plain

丘の上からの景色だと天草の奥に島原っぽい所も見えますね。

まだこの辺地理に詳しくないので何なのかは不明ですが、とにかくものすごいキレイな景色だ。

f:id:sticknumber31:20210613224440j:plain

季節的に紫陽花が見ごろでした。なかなかロケーションも悪くない所なので、湯の児温泉に立ち寄りの際は福田農場へも顔を出してみると良いでしょう。

f:id:sticknumber31:20210613224555j:plain

ちなみに前泊で水俣市内へ宿泊したんですが、この辺マジで夕日がめっちゃキレイなのね。なので、湯の児温泉も宿泊で来ればよかったと微妙に後悔。

 

総評

f:id:sticknumber31:20210613224720j:plain

中村温泉は湯の児温泉の駐車場前にある酒店で貸切湯として使わせてもらう方式。湯屋一棟が丸々貸切になって500円。やっす!!いや、普段は共同浴場なのかもしれないけども。

注ぎ口に飲泉用のコップが置いてありますね・・・。

f:id:sticknumber31:20210613224913j:plain

脱衣所はこんな感じ。なんか、お婆ちゃんちの風呂場を借りているような気分になってくる。匂いもなんかそんな感じなんすよ。

f:id:sticknumber31:20210613225047j:plain

注ぎ口からの湯も含め、浴槽温度は全体的に熱過ぎずぬる過ぎずの適温で、しかも薄い単純泉という事もあって、静かにダラダラと入る事が出来る温泉でした。

注ぎ口や浴槽縁のスケールも殆どない事から、カルシウム濃度もかなり少ないものと思われる。pHも弱アルカリらしいが、浴感からほぼ中性に近い物と思われる。軽いお湯なので、疲れを取るのには最適な温泉かもしれない。

 

飲泉も試してみたが、苦み、エグ味、塩味もほぼなく、水道水とはやはりちょっと違うが、かなり普通の温水に近い味。これは普通に飲めますね・・・。

 

f:id:sticknumber31:20210613225515j:plain

浴槽は何故か横長く、洗い場の方が狭いという特殊な構造。

手すりがあるので、ストレッチなどをしながらのんびりと入るのが吉。

美食

f:id:sticknumber31:20210613225744j:plain

火の国熊本と呼ばれるだけあって、陽の国らしい陽射しで育まれた温州蜜柑はウマウマ。福田農場って蜜柑農園らしいですね。

f:id:sticknumber31:20210613225916j:plain

福田農園のスペイン料理レストランではこのようにナイスな景色を見ながらオシャレな料理をキメる事が出来る。確かこれは地ダコのナンヤラ(忘れた)オリーブオイルが効いててタコ出汁しっかり出てて美味しかったね。

f:id:sticknumber31:20210613230049j:plain

限定復刻というカレーライスも頼んだ。肉がしっかり入っていてウマウマ。

旅先で食べる物に困ったらカレーにハズレなし、ってのはバイク乗り時代に学んだ知恵だ。

f:id:sticknumber31:20210613230212j:plain

ついでにムール貝のサングリア蒸しってのも食ってみたぞ。

本当は白ワインの一杯もキメたいところであるが、運転があるので水で我慢。

ムール貝はそのまま食べても美味しいが、半分くらいはカレーにブッ込んでシーフードカレーにしてやったぜ。ちなみに、ジュースは別にしても料理はこれだけ食べて2000円で良いのはマジでスバラである。

湯の児温泉、コスパマジでええやん?

 

今回は九州でも結構マイナースポットな温泉めぐりとなったが、湯の児温泉は泉質や景色、料理面でも割と高評価にまとまりました。

 

みんなもワクチン打ったら外人共が大挙する前に行こうぜ?







 

193・湯布院 石武温泉

温泉

f:id:sticknumber31:20210609213641j:plain

施設外観。夜は9時で閉まるので入浴は早いうちにしよう。

 

成分分析表

f:id:sticknumber31:20210609213854j:plain

61℃の高温泉。透明な単純泉であり、湯布院らしい全くクセのない泉質。

 

概要

f:id:sticknumber31:20210609214211j:plain

JRの線路沿いにあり、観光客はまず来ないであろうマニアックな立地にある。

基本的に地元民しか入りに来ないが、一応外来入浴も可能である。200円。

 

目印は、消防団施設の目の前。

 

総評

f:id:sticknumber31:20210609214412j:plain

シンプルな構造の浴槽。手前がぬるめ調整で、奥が熱めである。

時間的にはこの位の明るい時間帯が混んでなくて良い。

ひとつだけシャワーがあるが、基本的には浴槽の湯で身体を洗う。

 

f:id:sticknumber31:20210609214606j:plain

上から見るとわかるが、非常に高い透明度がある。

まるでガラスのような美しさがあり、湯布院の中でも上位に入る良泉である。

f:id:sticknumber31:20210609214801j:plain

遠巻きに見ると少し青みがかっても見えるが、山の手にある温泉のような青さはなく、完全に無色透明なお湯である。掛け流しを象徴するように、右手に溢れたお湯がスジを描く。

 

石武温泉は単純泉らしく、塩味もなく全くクセのないお湯である。温度は高いが身体への負担は少なく、シャワーで水も浴びれるので、クールダウンしながら何度か入浴を楽しむのが吉。ちなみに男湯は窓が開放してあるので、外から丸見えでもある。

個人的には湯布院の共同浴場の中では最もお湯が美しいと思う。

利用客の数にもよるのだろうが、とにかく湯の鮮度、美しさが素晴らしい。

 

美食

f:id:sticknumber31:20210609215215j:plain

湯布院はお高く留まった飲食店が多い印象を受けるが、探せば意外にも意識低い系の飲み屋がちらほらと存在する。それはともかくとして、九州はあらゆる料理が焼酎に合うものばかりで、桜ユッケとかいう馬肉のユッケは甘辛いタレとの相性も抜群で、まー進む進む。

 

やっぱ温泉キメた後は、キンキンに冷えた焼酎水割りでこういうの食べたいよね。