温泉美食倶楽部活動報告書

温泉と適当に飯など

番外編・溶岩温泉

温泉・・・ではない。

f:id:sticknumber31:20180328232018j:plain

建物外観。ちなみにこの時の愛車はSV650S。Vツインの鼓動を感じろ!

f:id:sticknumber31:20180328232315j:plain

左が浴槽、右奥が水風呂になります。シンプルな構図。

 

成分分析書

温泉ではないので、なし。

 

概要

f:id:sticknumber31:20180328232946j:plain

富士吉田市にある溶岩温泉。関東圏なので知ってる人もいるでしょう。

富士急ハイランドの近く、市街地にある旅館です。

 

この溶岩温泉は温泉を名乗ってはいますが、前述の通り温泉ではありません。

では温泉ではないなら何なのか?という話ですが・・・

f:id:sticknumber31:20180328233550j:plain

パ ナ ジ ウ ム 天 然 水

そう、ここは富士山の湧水を沸かして提供している旅館なのです。

 

総評

沸かした湧水と云う事で、入浴評価としてはこれまでとは全く異なる評価となります。

当然の事ながら、湧水であるこの風呂には温泉の様な温熱効果はありません。

しかし お湯そのものに温泉としての効果はありませんが、温熱効果に関しては浴室と浴槽を溶岩石をしつらえる事でその遠赤外線効果を活用しています。

 

また、霊峰富士を経て湧き出た霊水であるが故に、溶岩によって磨かれたその水の美しさは一級品であります。とにかく湯は軽く、透明度が異常に高い。

まるでミネラルウォーターに浸かっているかのようだぁ・・・(実際その通り)

 

特に凄いのは水風呂です。

水風呂は完全にミネラルウォーターであり、普通に飲めます。

しかも湧き水なのでキンッキンに冷えてます。

すっげぇ爽やか!水風呂好きにはタマランぞこれぇ・・・。

 

国によっては水って物凄い高価な飲み物ですから、ある意味世界で最も高価なお風呂かもしれませんね。

 

美食

富士吉田では特に飲み食いをした記憶が無いのですが、この旅館では溶岩プレートで肉を焼くという溶岩焼きが売りの様です。遠赤外線でなんやかんやでよく熱が通るのだとか。

 

他にも西湖のサン・レイクって民宿で食べたカツカレーが異様に旨かったんだけど写真が残っておらず。

 

いずれにせよ古い記録なので、久々に行ってみたいもんですね。