温泉美食倶楽部活動報告書

温泉と適当に飯など

96・西の里温泉(森の湯)

温泉

f:id:sticknumber31:20180920185050j:plain

施設外観。中にはレストランなどもあり、色々にぎやかな所です。

 

成分分析書

f:id:sticknumber31:20180920185246j:plain

地熱が無い札幌近郊だが、30℃はまぁボチボチ温かい方かな。

 

概要

f:id:sticknumber31:20180920192146j:plain

新札幌の近く。ギリ北広島市にあたるようですね。

国道274号沿いにあります。まぁ、目立つ所にあるので知ってる人も多いかも。

直ぐ向かいには湯処ほのかがあります。

f:id:sticknumber31:20180920193554j:plain

森の泉・・・?

そういえばここの温泉には水銀やヒ素などが出てないようなので、飲泉が可能なようです。しかし御覧の通り、黒い染みが付くモール泉なんだよな・・・。

 

総評

都市部の施設という事もあって、館内はきれいで使い勝手がいい。

それなりに入館料はするが、食事もできるし、洗い場や浴室も全体的に手入れが届いている。

サウナ、水風呂、内湯、露天と必要なものは一通り揃っている感じ。

恐らく加水はないが、加温&消毒&循環はしている。

その辺は利用者の数を鑑みればやむなしかな。

 

成分的にはほぼ炭酸水素イオン一択の重曹泉だが、総量として1000mg/kgを超えていないため単純泉というくくりになっている。塩類泉のような火照り感はないが、しっかり浸かれば血管拡張作用は感じる事が出来た。

 

単純泉ではあるが透明度は皆無で、コーヒーのように真っ黒い湯である。

まぁ今回の地震でもはっきりした通り、やはり石狩から千歳方面は広く火山灰の地層のようで、蒲田界隈のような黒い温泉が出るのは必然と言えば必然なのだろう。

 

札幌近郊では珍しく100%源泉に自信を持っている施設だが、それ故に利用客も多いので時間帯を選びたいところ。

 

美食

館内レストランで餡掛け炒飯的なものを食べた気がするのだが、写真が無いため掲載できず。色々食べれるようになってますよ。

95・見市温泉

温泉

f:id:sticknumber31:20180919205523j:plain

施設外観。かなり年季の入った旅館だ。

f:id:sticknumber31:20180919205719j:plain

内湯は浴槽一つ。御覧の通り、秘湯感のあるにごり湯。

f:id:sticknumber31:20180919210059j:plain

見市川を望む露天風呂はロケーション抜群。

f:id:sticknumber31:20180919211636j:plain

湯に浮遊しているのは埃ではなく明らかな湯の花。散り散りではあるが、膜のように湯の表面を覆っている。池田ラジウム鉱泉の湯溜めでも見たな、これ・・・。

カルシウム塩かな?

 

成分分析書

f:id:sticknumber31:20180919210611j:plain

濃い目の塩化物泉であるが、炭酸水素イオンと400mg程度の炭酸ガスが含まれている。

 

概要

f:id:sticknumber31:20180919211253j:plain

前回の熊石ひらたない温泉の近く。少し山に入った先にある温泉だが、恐らく相当なモノ好きじゃないと入りに来る事は無いだろう。

f:id:sticknumber31:20180919212732j:plain

この川は見市(けんいち)川というらしい。

北海道らしく、森の中を緩やかに浅く流れているのが特徴。

水がキレイなんだな、これが。

 

総評

秘湯としてのレベルは非常に高い。というのも、そもそも「え?ここにあんの?」みたいな場所にあるので、狙って来ないとまず来ないような温泉。要するに秘湯。

 

浴槽は完全に源泉かけ流し。この日は完全に貸切だったためか、60℃の源泉が掛け流されている内湯はモノスゴイ温度に。気合を入れて加水せずどうにか入れたが、適宜水で埋めないと無理だねこれ・・・。

 

露天は空気で冷めていてまぁ入れる温度だったが、それでもかなり熱い。

塩分としては等張泉とまではいかないが、湯中に溜まった塩分が濃縮してスペック以上に高濃度の塩類泉のように感じた。これは上の湯温泉でも同じような現象が起きていた。ほったらかしの温泉ほど空気で冷やされて塩類が結晶化し、沈殿し、上澄みは流れて徐々に浴槽は濃くなっていく。

これだからほったらかしの源泉温泉は面白いんだよね。

 

浴後は思った以上に火照りが強い。やはり塩類泉としてはスペック以上の効果を持っている模様。微弱ではあるが炭酸泉であるという事も相まって、浴後は発汗が強く表れます。水風呂が無いので水シャワーを浴びて出たわけだが、しばらく川の景色を眺めながら何もしたくなくなった。

 

設備は内湯&露天というシンプルな構成で、まぁ風呂としては標準なのだが、施設が古いのと虫が多い場所なので、浴場周りの清掃はもうちょっと頑張ってもらいたかったかな・・・。

 

美食

せっかくこの辺に来たのだから、海のものを食べましょう。

f:id:sticknumber31:20180919221839j:plain

海沿いを北上するとせたな町に入る。

フェリー乗り場を超えてしばらく北上すると、海岸沿いにこんな店があるのですが・・・ここでは海女さんが採ってきた貝類を直売している。

f:id:sticknumber31:20180919222006j:plain

この店には食堂があって、なんと売り物の貝はその場で食える。

故に・・・

f:id:sticknumber31:20180919222057j:plain

このようなものをその場で選んで食う事が出来るのだ。

f:id:sticknumber31:20180919222210j:plain

せたなカレー(シーフード)もここで食う事が出来るわけだが、お勧めはこの写真のように、カレーと刺身を両方食う事である。左上がホタテ、右上が白つぶ。

貝類とカレーは異常に相性がいいので、刺身を食いながらシーフードカレー食うという一見アンバランスに見えるこのチョイスは実はベスト。

 

他にもウニ飯とかあるので、実際に見に来てみるとよいでしょう。

奥尻島と併せて観光するのがベスト。

94・熊石ひらたない温泉

温泉

f:id:sticknumber31:20180918204537j:plain

施設外観。ホテルと一体化した施設。

写真には写ってないが、右手にもっと大きな建物がある。

f:id:sticknumber31:20180918205503j:plain

透明な内湯。最初は加水で張ってるかもしれないけど、あとは少量ずつ源泉をフローしている。

f:id:sticknumber31:20180918205732j:plain

露天部風呂。浴槽が小さいのでこっちの方が源泉は濃いかもしれない。

f:id:sticknumber31:20180918205859j:plain

ジャグジーの湯は海洋深層水+水だそうで、消毒循環式。

 

成分分析書

f:id:sticknumber31:20180918210334j:plain

標準的な塩類泉。源泉は57℃あり、フロー部分の湯はかなり熱かったので、恐らく浴槽にはこの温度のまま流されている。

 

概要

f:id:sticknumber31:20180918211723j:plain

秋田にもひらたない温泉ってあるらしいけど・・・。

ここは八雲の西端、熊石地区にある温泉です。

こうしてみると八雲って西も東もキッチリ温泉が湧いてるんだよなぁ。

歪みねぇ。

 

f:id:sticknumber31:20180918212557j:plain

この渡島半島の西側は水も貴重だったらしく、海沿いの国道沿いにはこのような名水の跡がいくつか見受けられる。

f:id:sticknumber31:20180918213337j:plain

せたなの貝取澗と同じように、この熊石地区もアワビの養殖を産業としている。

館内にはこのようにアワビに関する資料が展示されていた。

f:id:sticknumber31:20180918213637j:plain

クトゥルフ神話かな?

 

総評・・・の前に

実は此処の源泉なんですが・・・

f:id:sticknumber31:20180918214225j:plain

恐らくこれ。

ひらたない荘の更に上にある秘境で、現在は恐らく進入禁止になっています。

f:id:sticknumber31:20180918214445j:plain

現在は此処までも行けなくなっている。

f:id:sticknumber31:20180918214540j:plain

恐らくこれが熊石ひらたない温泉の源泉。岩の下から湧出していて、下流の岩の窪みに湯を溜めて野天風呂としている。

f:id:sticknumber31:20180918214822j:plain

渓流の水を注ぐ事で温度を調整している。

この風呂の近くには脱衣所があるが、他に人がいた場合は窃盗に気を付けましょう。

どうも常習犯がいる模様。

 

総評

湧出部位でのガスには硫黄の匂いがあったが、施設で入った温泉には全くそう言った気配はない。よくある塩類泉だが、透明度が高いのが好感度が高い。

 

源泉部位も見たわけだが、その時点でも湯は透明。

掘削部位は違うかも知れないが、恐らく湯脈は同じと思われます。

 

塩分も濃くないので総じて入りやすい湯。

浴室はカラン等も含めて一般ホテルとしてそれなりに整然とした空間になっていて、温泉マニアでなくても普通に入りやすい施設だと思われます。

水風呂も完備だが、張り置き式なので水は徐々に草臥れて行く。

 

源泉としてはそこそこの重曹も含んでいるため、しっかりと交代浴して入れば浴後の効果はしっかり出てくれた。少し黄色がかっているかのように見えたが、やはり硫黄ではなく土の成分ではないかと思われる。

 

美食

f:id:sticknumber31:20180918221146j:plain

宿泊費に5000円ちょい足すだけでエゾアワビが8品もついたコースが食べられる。

f:id:sticknumber31:20180918221226j:plain

アワビその1、お造り

f:id:sticknumber31:20180918221254j:plain

アワビその2、西京焼き?

f:id:sticknumber31:20180918221331j:plain

アワビその3、塩水漬け。これが一番美味かった。

f:id:sticknumber31:20180918221406j:plain

アワビその4、天婦羅だったっけ?

f:id:sticknumber31:20180918221515j:plain

アワビその5、踊り焼き

f:id:sticknumber31:20180918221546j:plain

アワビその6、ウニ味噌との和え。これは酒との相性が抜群だった。

f:id:sticknumber31:20180918221638j:plain

アワビその7、ウニとの煮込み鍋。

f:id:sticknumber31:20180918221745j:plain

アワビその8、煮付け。

f:id:sticknumber31:20180918221858j:plain

奥尻の白ワイン。限定のピノグリスで頂きました。

f:id:sticknumber31:20180918222105j:plain

ピノグリスは酸味が強く、爽やかな飲み口。

アワビと抜群に合う。

温泉、美食、トータルバランスで云ったらここは最もコスパが良いかもしれんな・・・。

ちなみにこのワインは持ち込みです。

ホテルでは乙部ワインを提供しているのですが、この時はワインを切らしていたそうなので、特別に持参のワインを食卓で開けさせてもらいました。

 

しかしまぁ・・・自分も色々と美味いものは食べてきましたが、やはり北海道は最強。ここまで美味いものを食べまくっていると、東京とか出ると海鮮を食うという選択肢が消えてなくなってしまいます。いや、美味いものは東京にもあるんでしょうけども、それは恐ろしく高い金を払わないと手に入らない代物になっているからです。まぁ、旅に出ずして美食をするのだからそれが対価なのだと思うのですが、自分はこうして現地で食べるのが好きですね。

 

この熊石温泉だって、新函館北斗からレンタカーでほんの1時間半ですよ。

 

あとは・・・お金と時間をどう作るかだけです。

 

93・壮瞥温泉

温泉

f:id:sticknumber31:20180913192837j:plain

反射で黒っぽい湯に見えるが、ほぼ透明です。

f:id:sticknumber31:20180913193400j:plain

この通り。水源が洞爺湖の水だと思われるが、透明な低濃度重曹泉です。

 

成分分析書

f:id:sticknumber31:20180913194613j:plain

混合泉で44℃。敢えてちょうど良い温度にして掛け流しにしている・・・?

f:id:sticknumber31:20180913194935j:plain

以前も洞爺湖温泉の記事は書いた事があるのだが、

 

sticknumber31.hatenablog.com

近いけども別源泉。

今回泊まったのはホテル中の島という、昭和新山よりの施設です。

 

概要

f:id:sticknumber31:20180913200303j:plain

北海道の火薬庫・洞爺湖のまさにど真ん中にある壮瞥町

昭和新山に繋がるであろうこの大地は、豊富な水をたたえる洞爺湖によって水をくべられ、透明感のある湯を放ち、この地に溢れる。

 

f:id:sticknumber31:20180913201742j:plain

有珠山から見た昭和新山壮瞥町

右にあるアイツが熱源。

f:id:sticknumber31:20180913201913j:plain

そしてこれが水源。温泉は熱源と水源があって初めて湧くんやな。

 

総評

洞爺湖温泉は観光観光していてあまりかけ流しをしている施設が無かったので、個人的に少し敬遠していた所があったんだけどな・・・。

 

探してみればあるものです。源泉かけ流し。

とはいっても、洞爺湖温泉は多くの施設で温泉を引いているため、混合泉。

洞爺湖で単一源泉の温泉施設はまだ見つけた事がない。

 

えー、お湯の評価で云うと、道内では珍しい透明な重曹泉ということで、久々に清々しい気持ちで入る事が出来た。しかしよく観察すると透明な中に仄かに黄色っぽい色が。あー、やはりちょっとモール質?っぽい何かがありますねこれ。

成分分析書からも解りますが、そこまで濃い湯ではないです。

 

お湯の温度は44℃掛け流しだが、浴槽ではちょうど42℃位になっていて、入りやすい温度で張られていた。pHはほぼ中性よりの弱酸性、モール成分も弱いためにツルツルとした感じはなし。いい意味で癖のない温泉だったが、炭酸水素イオンはボチボチ溶けているため、浴後の血管拡張作用は充分感じる事が出来た。

 

クセのない温泉は飽きの来やすい温泉ともいえるが、万人受けしやすい。

まぁ洞爺湖は観光地なので、こういうお湯で正解といえば正解なのでしょう。

 

美食

f:id:sticknumber31:20180913211025j:plain

秋の新サンマ。北海道らしく刺身で頂きます。トロットロよ。

 

洞爺湖の温泉街には飲み屋が何軒かあるのだが、意外にもボッタくりじゃない店が多い。というか、今のご時世では日本は世界に比べてかなり貧しくなってしまいましたからね・・・正直もっと価格はとってもいい位なんだろうけど、住民の金銭感覚が多分昔のままなんだと思う。

f:id:sticknumber31:20180913211248j:plain

壮瞥町産のシイタケ天婦羅。小ぶりだが美味かったね。

f:id:sticknumber31:20180913211335j:plain

冬に寝かせたジャガイモだが、インカの目覚めです。馬鈴薯に比べて身がしっかりとしていて、甘くて美味い。

f:id:sticknumber31:20180913211416j:plain

伊達市の地鶏の手羽先。これめっちゃ安かった。多分300円位。

f:id:sticknumber31:20180913211547j:plain

そしてこれは二軒目のバーで見つけた非売品の一品・ウニの塩漬け。

左がエゾバフンウニで、右がムラサキウニなんだけど、食感は味噌なんだけど味が完全にカラスミでめっちゃ酒が進んだ。温度カラスミ・・・。

 

これはお店のマスターが個人的に制作して、お酒の通の人にだけ出すんだって。

やはり美食倶楽部の総帥である我のオーラを察知したのだな?

やったぜ。

92・花園温泉

温泉

f:id:sticknumber31:20180911191518j:plain

湯の川温泉が観光客向けの温泉だとするなら、ここは函館市内に燦然と輝くもう一つの大衆温泉。浴場は銭湯につき撮影せず。

 

成分分析書

f:id:sticknumber31:20180911192652j:plain

二号井。The・等張泉。

f:id:sticknumber31:20180911194337j:plain

パワーストーンの湯・・・?こちらも等張泉。

名称はともかく、この大衆浴場は二つの源泉と二つの浴場を持つ異色の温泉である。

 

概要

f:id:sticknumber31:20180911195008j:plain

花園温泉は函館市内の産業道路沿いにある温泉で、湯の川温泉と目と鼻の先にある温泉だが、泉質に於いては見た目からし湯の川温泉とは異なる。

 

この温泉は早朝の風呂から始まり、夜は深夜まで営業するという超絶庶民スタイルの経営をしている。しかも源泉を二つ持っており、二つの浴場を持つハイブリッドスタイル。

早朝はパワーストーンの湯、昼からは二号井が御開帳され、400円少々の金で自由に二つの浴場を自由に堪能する事が出来るのだ!何と太っ腹な・・・。

 

館内には昔ながらのカフェパーラーがあって、地元の爺さん婆さん達の交流の場ともなっている。しかも野菜や総菜の販売の他、牛乳も山川牧場と鈴木牧場の両銘柄の低温殺菌牛乳が置いてあるのだ。まさに完璧な庶民の温泉銭湯。

 

湯の川温泉だけ行ってこの温泉を知らずして帰るのは非常に惜しいね。

 

f:id:sticknumber31:20180911211505j:plain

余談ですがここの温泉、冬季は敷地内の池の凍結防止に温泉(恐らく加水の)を流しているのだが、この鯉はまさにその温泉を頭から浴びに来ているの図。

はぇ~すっごい気持ちよさそう。

 

総評

ここは二つの浴場と二つの源泉を持つ施設である。

写真はないが、実際に両方入ってみるとどちらもかなり広い。

いずれも同じつくりをしており、入口から奥に向けて整然と並んだカラン道を抜けると、中温湯、高温湯、ジャグジーなどの浴槽がある。

 

中温湯と言っても侮るなかれ。函館の庶民風呂たるこの花園温泉は中温でもしっかり44℃近くある。温泉慣れしていない普通の人からしたら充分熱いレベルである。

 

露天風呂に向かう途中に水風呂とサウナ室があり、サウナ室の前には氷が用意されていて、これを口に含みながらサウナに入る事が出来る。達人向けですね・・・。

 

水風呂は流しっぱなしの井戸水。キンキンに冷えたこの水風呂はかなりハイレベルのサウナ―達にも好評で、恐らく本州のサウナ―達もきっと満足できるクオリティだろう。

 

さて、肝心の温泉の評価に戻る。

ここは二つの源泉を持つが成分的にかなり似通っていて、体感的にもほぼ差がない。

湯の色は若干濁りのある緑色で、これは恐らく揚水停止してしばらく間をおけば徐々に濃くなり、茶色い色に変わっていくものと思われる。昭和温泉や富岡温泉と非常に近い泉質のように感じた。

 

ファーストインプレッションでピーナッツだったらクリっと握ってタップタイム。

 

まず最初…第一印象はとても熱いと云う事だ。

ガツンと芯まで響き渡るこの熱さは、等張泉だからこそ入浴が可能になっているといっても過言ではないだろう。中温浴槽でも44℃近い温度に設定されているため、高温浴槽は46℃前後、場合によっては47℃に達する日もある。

普通に考えれば人間の入れる温度の限界点に近い熱さなのだが、どういう訳かこの風呂は入れてしまう。これは人間の血液とほぼ同じ塩分濃度を持つ等張泉だからこその事だと、私は考えている。浸透圧に差があればそれだけ皮膚には刺激になるからね・・・。

 

この花園温泉はバランスという点において、濃すぎず薄すぎず、塩化物泉として本来の熱い湯を楽しむ為には完璧な温泉だと思われる。泉質面ではこの近辺界隈の温泉とそれほど差は無いのだが、二つの浴場を持っていて飽きない設備となっている点や、間口の広さなどを評価した。個人的にはコンパクトにまとまった北美原温泉が好きだが、時にはあれもこれも試したい日もあるし、特にガッツリ熱い湯に入りたい日にはやはりここは北美原温泉の一歩先を行く温泉なのである。

 

美食

f:id:sticknumber31:20180911210325j:plain

ヒャッハー!ラッキーピエロ焼きカレーだぁ!!

カロリーの暴力を喰らえ!!

f:id:sticknumber31:20180911210414j:plain

ヒャッハー!ラッキーピエロのチーズオムライスだぁー!

これ一つに卵4個くらい使ってるらしいぜぇ~!?

91・留寿都温泉

温泉

f:id:sticknumber31:20180910222228j:plain

施設外観。完全に非観光用の温泉。入浴料も清掃協力金200円のみ。

f:id:sticknumber31:20180910222351j:plain

完全このサイズ。緑色の湯が素晴らしいですね。

あ、でも駐車場がクッソ小さいのであまり大人数で押しかけないように。

 

成分分析書

f:id:sticknumber31:20180910222756j:plain

設備を見たところ、どうも加温している設備がないので掛け流しっぽいです。

f:id:sticknumber31:20180910223142j:plain

安定の重曹泉。お湯の色が黄色がかっている点からしてみても、モール質がありますね。

 

概要

f:id:sticknumber31:20180910224100j:plain

よく北海道のテレビではルスツリゾートのCMが流れてますが、留寿都村は札幌から最も近いリゾートエリアという事で、非常に有名な場所です。

遊園地アリ、スキー場アリ、ロッジアリ・・・。

まぁワイのようなソロ旅人には縁のない所ですがね・・・。

 

自分は仕事で札幌と道南を行き来する機会が多いわけですが、高速だと確かに楽だけどハッキリ言って飽きるわけですよ。金もかかるし。

そんなわけで、函館から札幌に戻る時などはいつも豊浦で降りてからこの洞爺湖留寿都喜茂別~中山峠のルートで定山渓に入る事が多いわけですが、結構な距離を移動する事になるので、そうなると必然的に自宅に帰る前にひとっ風呂浴びたくなるわけですな。

 

定山渓に入ってしまえば豊平峡温泉や湯の花殿、小金湯温泉もあるのだけど、札幌圏の温泉はどれも価格が跳ね上がるのと、この留寿都村ってのは休憩を取るのにホントちょうどいい所にあるんですよね。200円という価格も素晴らしい。

 

総評

この温泉の良い所はシンプルな施設ながら、お湯をそのまま普通に掛け流している所です。冬はやってるのかよく知らないんだが、43℃という温度という事を考えると、冬場は源泉からの距離が遠ければ掛け流しは成立していないと思われる。

 

pHはほぼ中性ながら、モール質が含まれていると云う事でツルツルとした肌触りがある。お湯は熱すぎず温すぎず・・・これは季節にもよるだろうが、実にいい塩梅である。少し黄色~緑色がかった湯から香る匂いは仄かに化学的なモール臭がして、決して不快な匂いではない。何より、透明度があるのは視覚的に非常に好印象。

 

これが200円というのは非常にありがたい。

内湯のみの極シンプルな風呂だが、露天があればさぞ・・・と思ってしまうのは贅沢だろうか。

 

ただ、洗い場が少ないので、混んでる時に来るとゲンナリしてしまうかもしれませんね・・・。

 

美食

f:id:sticknumber31:20180910233531j:plain

留寿都では風呂に入るせいか、食事をする機会が無くてね・・・。

上のカレーは道の駅きもべつで食べた野菜カレー。

やっぱこの界隈はジャガイモを筆頭とした根菜類ですね・・・間違いなく美味い。

カレーは外れないわ。私が食べるもの。(AYNM)

90・種川温泉

温泉

f:id:sticknumber31:20180910202913j:plain

施設外観。知られざる温泉の一つかと思われる。

f:id:sticknumber31:20180910203418j:plain

見よ!この美しい透明な湯・・・。(うっとり)

 

成分分析書

f:id:sticknumber31:20180910203046j:plain

旧分析表

f:id:sticknumber31:20180910203139j:plain

直近の分析表。そこまで熱い温泉ではないが、成分は充分。ほぼ等張泉だが、10g/kgを超える為に高張泉の括りになっている。

 

概要

f:id:sticknumber31:20180910203753j:plain

種川温泉の位置(ポジション)、略してポジ種川は渡島半島のちょうど中間部。位置的には長万部とせたなの中間に位置する温泉。今金(いまがね)町にあります。

f:id:sticknumber31:20180910204557j:plain

周囲はこんな感じ。ジャガイモとか有名らしいよ。

f:id:sticknumber31:20180910204826j:plain

今金には他にもいくつかの温泉が湧いている訳だが、この時は近くにあるこのねとい温泉が営業してなかったので、代わりの温泉を探していて辿り着いたという経緯があります。

誰かこのねとい温泉の情報も下さるとありがたいです。

いずれ奥ピリカ温泉というのも行ってみたいね。

 

総評

源泉がぬるいために加温だが、冒頭で上げた写真の通りとても透明度の高い美しい塩類泉が掛け流されている。

 

設備は町の銭湯といった感じで、古くもなく新しいという感じもない。

シャンプーも石鹸も無しなので、持ち込みになります。

浴場も写真の通りで、サウナも水風呂もないシンプルな内湯オンリー。

 

幸運だったのは、ほぼ一番風呂で無人の時に入る事が出来た事だ。

ほぼ等張泉である事から、透明な湯は肌と溶け合うように極めてすんなりと入る事が出来た。塩分がキシキシと肌を刺激する事がない。

 

とはいえ一応は強塩泉。浴後は強烈な発汗が全身を襲う。

これが等張泉付近の温泉の良いところで、入浴時には感じない強さが浴後になってハッキリと現れてくる。低濃度の塩類泉にはない強い保熱効果がある。

 

源泉がぬるいので、加温での配湯になるのが惜しい所だが、濁りのない湯は滓も少ないため、メンテ的にも成分的にも日常で使いやすい湯である事は間違いない。きっとこの辺の農家のおっちゃんやおばちゃん達の憩いの場になっているのだろう。

 

美食

f:id:sticknumber31:20180910214422j:plain

今金町が今密かに売り込んでいるのが、この今金牛。

ピリカ温泉で食べたものだが、町を上げて売り込んでいるこの牛肉を是非退治しに来ていただきたい。

f:id:sticknumber31:20180910214712j:plain

ピリカ温泉にも入りに来てあげてね!!