温泉美食倶楽部活動報告書

温泉と適当に飯など

101・和(やわらぎ)温泉

温泉

f:id:sticknumber31:20180928230506j:plain

施設外観。館内は普通に銭湯。

浴場写真は撮れず。

なお、周囲は農場が広がっている模様。

 

成分分析書

f:id:sticknumber31:20180928231637j:plain

濃度的には海水のちょうど半分くらい。塩類泉としては結構強めの部類に含まれます。

f:id:sticknumber31:20180928232128j:plain

ここのポイントは成分云々というより、44.5℃という絶妙温度ね。

加水も加温も不要というスペックは非常にポイントが高い。

 

概要

f:id:sticknumber31:20180928233057j:plain

この地図だと普通に八雲市内にあるように見えますが、実は国道から少し離れた場所にあって、前述の通り周りには農地が広がっています。

北海道新幹線新八雲駅が近くに建造されるそうですが、一般車両の停車駅にはならないとの噂。

 

八雲は東西に渡って色々な温泉が湧いているのですが、海あり山ありとなかなかバラエティに富んだ地域だと思います。とはいえ、道南でも八雲は最も雪が降る地域としても有名なので、冬場に来る際は気合を入れないといけませんね。

 

総評

ここは道南らしい強力な塩類泉と、若干のモール質を含んだ温泉です。

浴場はそこまで広くは無いのだが、内湯と水風呂、そして露天風呂と一通りの設備は揃っています。

値段は440円と銭湯価格なため、アメニティなどは持ち込み式になります。

 

お湯の温度は44℃と掛け流しに適した温度で、浴槽では丁度入りやすい位の温度になっていました。露天は少しぬるめになっていて、牧草の香りが風に乗って漂ってきて何とも穏やかな気持ちになる事が出来た。

 

成分的には函館界隈の温泉の倍くらいはある濃い目の塩類泉で、単純泉のヌルヌル感とは違って、濃い塩類泉特有のとろみを感じる事が出来た。

お湯の色は美しい緑色で、函館の昭和温泉や北美原温泉と同じような方向性を感じる湯だった。恐らく濃くなれば茶色くなるものと思われる。

 

塩類泉としては強い部類に入るので、結構風呂上りに火照りと疲労感が全身に現れてきます。これで函館市内のように激熱だったらかなり疲労度の高い温泉になってる事だろう、それ故に内湯も熱すぎない設定にしてあるのは素晴らしいと思った。

 

水風呂もドバドバ放流式だったので、しっかり芯まで温まった後にザブンと浸かって出るとよいでしょう。

 

美食

f:id:sticknumber31:20180928235215j:plain

近くにスイス料理のレストランがありました。

チーズや野菜が自慢のようで、農業が盛んな北海道らしいお店とも言えます。

ちょっと料理の写真を撮り忘れたんですが、お風呂上りに行ってみてはどうでしょうか?ただ、店内には犬がいるので犬嫌いの人は注意。

100・蟠渓温泉

さぁ、記念すべき100湯目の紹介になります。

今回は北海道から、やや有名になり切れてない蟠渓温泉を紹介。

 

温泉

f:id:sticknumber31:20180927234021j:plain

施設外観。今回利用したのは旅館湯人屋。

北湯沢温泉から程なく南下した先にあります。

f:id:sticknumber31:20180927234858j:plain

見てください、この鏡のような美しさ。

ここまで透明度が高い源泉は北海道ではなかなかお目にかかる事が出来ません。

最初だけ温度調整の為に加水しているようですが、その後は源泉が少量フローされ続けています。それ故に、時間が経過した後と思われる右側の浴槽は激熱だった。

f:id:sticknumber31:20180927235042j:plain

露天風呂も良い。

外は白樺の木々が生い茂り、風の音を聴きながら浸かる露天風呂は最&高。

 

成分分析書

f:id:sticknumber31:20180927235245j:plain

蟠渓温泉は同地区で混合泉として利用されている模様。

1204mg/kgの塩類泉だが、ナトリウム塩分の割合はかなり少ない。

ほぼ単純泉の延長線上にある湯ですね・・・。

 

概要

f:id:sticknumber31:20180927235722j:plain

洞爺湖の東にある温泉だが、ここはリゾートホテルで有名な北湯沢温泉の直ぐとなりだと云う事に注目。

 

この北湯沢温泉は非常に有名な温泉地で、札幌近郊のファミリー層は漏れなく森のソラニワとか緑の風・リゾートきたゆざわとかに泊まるわけですが、蟠渓温泉はそうした喧騒を避けた孤独な旅人を受け入れるために存在しているといっても過言ではないでしょう。

 

f:id:sticknumber31:20180928000228j:plain

この辺りは白絹の床と呼ばれる渓流の景勝地で、そりゃリゾートホテルも建つわな・・・って程度には美しい景色が広がる。

f:id:sticknumber31:20180928000404j:plain

蟠渓温泉もこの渓流の下流に湧く温泉です。自然豊かなところで、のんびりと過ごすのにはうってつけですね。

 

総評

北海道は濁り湯が多く、透明な単純泉が少ない事に少々辟易としていた訳だが、思えばこの蟠渓温泉という素晴らしい温泉がある事を失念していました。

 

厳密には単純泉ではないので、ヌルツル系の肌触りこそないものの、スッキリとクリアな見た目の薄い塩類泉は浴感としてもほぼ単純泉と変わりありません。

 

しかも源泉を少量フローし続けているので、午後イチ辺りに行くと程よく源泉割合が増えて写真のような素敵な透明度を呈しているという訳です。

 

お湯そのものにほぼ癖が無く、単純に温かい湯を楽しむ事が出来る。

薄い湯である事から他の塩類泉のように保熱効果はないが、81℃もある源泉が掛け流しされている高温浴槽はかなり良い感じの温度を呈していて、長湯せずとも身体はしっかりと温まった。

 

水風呂とサウナは無いが、露天風呂のロケーションは自然豊かで大変心地よいため、ちょうど今くらいの時期、秋の入りの頃に入りに来るのがベストな温泉だと思われます。

 

成分的な特徴を言えば、塩化物泉であるが陽イオンの割合は少なく、メタケイ酸の割合が多いのも一つの特徴かもしれない。

メタケイ酸は謎の多い成分だが、保湿効果があると云われている。云われてみれば、真湯に比べると極わずかに皮膚に張り付く感じはあるかもしれない・・・。

 

美食

f:id:sticknumber31:20180928003157j:plain

ちょっと蟠渓からは離れますが、道の駅真狩で食べた百合♀根天丼。

あらぁ^~芋みたいで美味でしたわ^~

99・日景温泉

温泉

f:id:sticknumber31:20180927000854j:plain

施設外観。日景温泉はこの数年閉鎖されておりましたが、最近リニューアルしてこのように立派な旅館として運営再開しています。

f:id:sticknumber31:20180927001039j:plain

なかなかの歴史を持つ名湯。

f:id:sticknumber31:20180927001128j:plain

浴場内は撮れなかったのでここまで。

強力な硫黄泉であり、全面木造の浴室です。

 

成分分析書

f:id:sticknumber31:20180927001232j:plain

三つの源泉があるらしい。高温の2号泉は炭酸ガスがやべー量含まれている。

f:id:sticknumber31:20180927001440j:plain

1・3号泉の混合泉。こっちが内湯らしい。

それにしては結構熱かったので、もしかしたら温度調整の為に2号泉と混ぜているのかもしれない。

 

概要

f:id:sticknumber31:20180927001809j:plain

日景温泉は秋田県の端っこ。ギリギリ青森県との県境に位置する秘湯です。

右手にある湖は十和田湖です。東北道から来ればそれ程遠いわけではないが、かなりマニアックな場所にあります。

 

実はこの日景温泉、個人的にちょっとだけ所縁(ゆかり)があったりします。

この温泉の先代のオーナーはその名も日景さんといい、恐らく温泉の側に湧く日景神社の守り人であり、この温泉を守ってきた湯守でもあった方だと思うのだが、大女将であった日景氏が床に臥せった辺りから不景気も重なり、操業が困難な状態になった模様。

 

今となっては昔の話ですが、この日景さんは私の働いていた某病院で息を引き取り、自分はこの人の薬を毎週病棟に上げるという日々を繰り返していました。

最後はデスカンファにも参加させていただいたのですが、主治医によるとこの大女将は若い頃からこの温泉を守るために大変な苦労をされた方のようで、そういった縁もあって日景一族が守り続けてきたこの温泉がどんな温泉なのか、ずっと気になっていたのであります。

 

その後この旅館は別オーナーに引き渡され、近年リニューアルという形で再開したというわけですな。

f:id:sticknumber31:20180927005226j:plain

現在のパンフレット。小規模旅館なので、お値段はそこそこします。

色々と物事の価値が解る大人向け。

 

館内を歩くと、なるほど当時の雪に埋もれた旅館の写真などが残されていて、輓馬で木材を切り出しながら開拓し、旅館として立ち上げたようです。

 

f:id:sticknumber31:20180927002915j:plain

今では整備され、のどかな風景が広がっている。

f:id:sticknumber31:20180927002950j:plain

クッソ可愛い益獣が放し飼いされている。

 

この貴重な温泉を残してくれただけでもありがたいと思います。

 

総評

木造の浴室、恐らく天井は昔からの物をそのまま使っているようです。

酸性度はそうでもないのだが、強力な硫化水素ガスが溶けているのが特徴。

脱衣所に入った時点で強烈な硫黄の匂いが鼻にツンと来ました。

 

設備は内湯・寝湯と外に露天。

他にも家族湯や宿泊客専用の風呂などがある模様。

宿泊しようとしたが予約は数週間前から埋まっており、日帰り入浴につき一般浴場のみの利用でした。

 

前述の通り、温めの1・3号泉の混合泉と、高温の2号泉があるらしいのだが、使用部位ではキッチリ42℃に合わせてあるため、もしかしたら混ぜて提供になっているのかもしれない。

 

成分分析書の通り、見た目の感じでもイオン型の硫化水素ではなく、ガス型の硫化水素泉である事が判る。白い粒がコロイド状に湯の中を浮遊しており、お湯の色は少し灰色がかった白。肌の刺激は強くないが、浴後は特有の強いけだるさを感じる。内湯は硫化水素ガスも濃いため、浴室にいるだけで湯あたりしそうになる。

 

炭酸ガスの濃度が濃いため、露天風呂は2号泉がメインらしい。湧出管からはゴボゴボと湯が噴き出続けており、匂いが超強烈。湯も噴口で触るとかなり熱かった。露天風呂は山の水を引いて薄めて適温にしているようだ。

 

率直な評価としては文句なしのハイレベルな硫化水素泉。Sランク以上。

加水等での調整もあるだろうが、2号泉は炭酸ガスもやべー量含まれているので、元の源泉は強すぎると考えてもらうとよいかもしれない。この泉質は八甲田温泉にも玉川温泉にも負けてないですね・・・。

 

特に素晴らしかったのはこの旅館がリニューアル直後であるため、館内もきれいで心地よく宿泊が出来ると云う事。自分はこの日、更に強烈な玉川温泉とハシゴしたため、帰りの運転でマジ眠りそうになっちゃいましたよ。

是非宿泊で利用をお勧めしたい。

 

美食

f:id:sticknumber31:20180927004548j:plain

近くの道の駅で食べた稲庭うどん

ちゅるちゅると食べれて胃に優しいのが特徴だが、比内地鶏のつけ汁の出汁が異様に美味かった。うどんというか比内地鶏の温蕎麦とかも美味いかもしれんなー。

キノコも入っててうまうまよ。

98・油川温泉

温泉

f:id:sticknumber31:20180926225521j:plain

施設外観。そもそも営業してるのか不安になる佇まい。

 

成分分析書

f:id:sticknumber31:20180926225736j:plain

源泉25.2℃。ほぼ湧き水だが、ギリギリ温泉の括りになっている。

成分総計も622mg/kgと1000mgを下回っており、0.2℃差で温泉を標ぼうできるという、湧き水との境界点にいる温泉。

 

概要

f:id:sticknumber31:20180926230551j:plain

同じ青森市内でもここまで離れるともう狙って来ない限りまず来ないでしょう。

青森駅からJR津軽線で一駅。

青森市の郊外、閑静な住宅街の中にひっそりと佇む温泉銭湯です。

f:id:sticknumber31:20180926231210j:plain

施設外観もそうですが、どうよこの渋い入口・・・。

f:id:sticknumber31:20180926231253j:plain

伝統的東北スタイルの脱衣所。籠がいい味出してる。

f:id:sticknumber31:20180926231345j:plain

浴場内は一人お爺さんがいたので遠慮して外から撮ったのだが、東北の銭湯は大体このスタイル。カランの奥に浴槽があるのだが、入口手前の左手には何故かサウナがある。

ここは浴場外にサウナがあるスタイルなのだ。

f:id:sticknumber31:20180926231743j:plain

これは施設の外にドバドバと放流されていた源泉。

湯の温度は高くないが湧出量は豊富なこの油川温泉。

勿体ない感じもするが、この手の冷たい温泉は銭湯としてやっていくには諸々の事情があるようで・・・。

 

総評

湯量の豊富な油川温泉だが、銭湯が銭湯としてやっていくためにはやはり温かいお湯が必要なようで、この油川温泉では加温したお湯を循環消毒する事でその燃料コストを最小限にとどめての運営を行っている。

 

浴場に入ってまず感じるのは塩素消毒の匂いであり、確かにこの規模の銭湯でコスト面を考えたら、加温&消毒による循環式もやむ無しかな・・・と思う。冷たい源泉をドバドバ放流しながら加温してたら、燃料費がいくらあっても足りないからね・・・。

 

しかしそこは東北の温泉魂。

この銭湯には小さいながらも源泉をそのまま掛け流している水風呂があったのです。

25℃の源泉は外に放流してあった写真と同じように銀色の家庭用浴槽にドバドバと掛け流しされていて、サウナ利用客のオアシスとなっていた。

 

入浴感であるが、加温浴槽はほぼ通常の銭湯と変わりない浴感であった。

温かいが、芯まで熱が通るにはやはり時間がかかる。

しかし源泉の水風呂は25℃と比較的入りやすいため、沖舘温泉と同じように何度も入り直す事でしっかり身体を温めるとよいだろう。

 

源泉はちょろっと舐めてみたが、塩類泉ではない為ほとんどしょっぱさもなく、むしろ甘さを感じた。

 

源泉を水風呂として提供しているという点において、個人的には満足できたお風呂でした。

 

美食

f:id:sticknumber31:20180926233300j:plain

美食・・・ではないけど、新青森駅で買ったスイーツ3種。

フルーツ餅・アップルパイ・カスタードシュークリーム

やっぱアップルパイは頭一つ抜けて美味い。

楽しいよねー、新青森駅

97・沖舘温泉

温泉

f:id:sticknumber31:20180926000240j:plain

何故か建立されている源泉碑。

f:id:sticknumber31:20180926000352j:plain

施設外観。手前にあるのがもう一つの源泉碑。

何故石碑を作ったのか・・・。

f:id:sticknumber31:20180926000449j:plain

効能も石碑。更衣室・浴室の写真は撮れなかった。

 

成分分析書

f:id:sticknumber31:20180926000643j:plain

まず3号井。34.5℃の源泉は二種類の水風呂に利用されている。

ウスウスの単純泉だ。

f:id:sticknumber31:20180926000756j:plain

そして2号井。絶妙な43℃の湯で、こちらがメイン浴槽のお湯らしい。

辛うじて塩化物泉の括りだが、ほぼ単純泉と言っても過言ではない。

無色透明。

 

概要

f:id:sticknumber31:20180926001141j:plain

石を投げれば名湯・・・青森ってそんなところ。

沖舘温泉は青森市内の住宅街の中にあり、恐らく観光客とは無縁の存在でありながらここまで細々と親しまれてきた下町の温泉だ。

写真を見てもらえれば雰囲気は解ると思うが、入り口を入ると中も伝統的な東北の銭湯スタイルの温泉である。

 

f:id:sticknumber31:20180926001400j:plain

番台を中心に、入口は男女別。

アメニティ類は無しで、その代わり価格も450円と格安。

中はもう脱衣所であり、透明なガラス越しに内湯の様子がうかがえるようになっている。

 

総評

伝統的な東北の銭湯スタイルの温泉である。

浴場設備としてはシャワー付きのカラン、広めのジャグジーエリア付き内湯、サウナ、サウナのすぐ外に二種類の水風呂が用意されていて、露天風呂は無いシンプルな構造。

 

東北の温泉銭湯というのは掛け流しに非常に高い意識を持っており、ゼロ距離に源泉を持つこの銭湯も当然のように源泉を掛け流している。

 

驚くべきは水風呂で、34℃の3号源泉がそのまま掛け流されている温めの水風呂と、その隣にはなんとこの源泉をわざわざ機械で冷却した冷たい水風呂が用意されているのである。温泉をわざわざ冷やして水風呂にするって・・・。

もしかすると水道水を使うよりは安上がりなのかもしれないが、源泉掛け流しに対する恐るべき意識の高さを感じる。

 

単純泉の方はあまりアルカリ性は強くないようで、単純泉と言えどもヌルヌル系の泉質ではなかった。家の風呂に近い気もするが、何かが溶けているという雰囲気だけは感じる。特に源泉を掛け流している水風呂はむしろ温いと感じる程度の絶妙な温度で張られていて、非常に入りやすい水風呂だった。

 

「水風呂は苦手・・・」

という人も安心してざぶんと行ける温度になっているので、サウナと併せても良いし、内湯でしっかり温まってから入っても良い。

初心者向けの水風呂と言ってもいいだろう。

 

そして43℃の源泉が掛け流されている内湯だが、見た目も透明でこれまた全くクセが無く入りやすい湯だった。

ただ、薄いだけあって函館などの濃い目の塩類泉に比べると芯に熱が通るまでは少し時間がかかった。せっかちな入り方はせず、じっくり時間をかけて交代浴、或いは分割浴をするのがこの湯を活かす最善手であろう。そのための激ぬる水風呂である。

 

この手の単純泉相当の温泉は家の風呂と違和感なく入れるので、日常の風呂として青森市民に長く愛されてきた理由が分かるような気がする。

 

美食

f:id:sticknumber31:20180926003412j:plain

こないだの店で同じく市浦牛を軽く炙って刺身で頂いたんですが、今回はあんまりとろける感じはなかった。まぁそれでも美味かったけど、やっぱ牛はステーキだな!

96・西の里温泉(森の湯)

温泉

f:id:sticknumber31:20180920185050j:plain

施設外観。中にはレストランなどもあり、色々にぎやかな所です。

 

成分分析書

f:id:sticknumber31:20180920185246j:plain

地熱が無い札幌近郊だが、30℃はまぁボチボチ温かい方かな。

 

概要

f:id:sticknumber31:20180920192146j:plain

新札幌の近く。ギリ北広島市にあたるようですね。

国道274号沿いにあります。まぁ、目立つ所にあるので知ってる人も多いかも。

直ぐ向かいには湯処ほのかがあります。

f:id:sticknumber31:20180920193554j:plain

森の泉・・・?

そういえばここの温泉には水銀やヒ素などが出てないようなので、飲泉が可能なようです。しかし御覧の通り、黒い染みが付くモール泉なんだよな・・・。

 

総評

都市部の施設という事もあって、館内はきれいで使い勝手がいい。

それなりに入館料はするが、食事もできるし、洗い場や浴室も全体的に手入れが届いている。

サウナ、水風呂、内湯、露天と必要なものは一通り揃っている感じ。

恐らく加水はないが、加温&消毒&循環はしている。

その辺は利用者の数を鑑みればやむなしかな。

 

成分的にはほぼ炭酸水素イオン一択の重曹泉だが、総量として1000mg/kgを超えていないため単純泉というくくりになっている。塩類泉のような火照り感はないが、しっかり浸かれば血管拡張作用は感じる事が出来た。

 

単純泉ではあるが透明度は皆無で、コーヒーのように真っ黒い湯である。

まぁ今回の地震でもはっきりした通り、やはり石狩から千歳方面は広く火山灰の地層のようで、蒲田界隈のような黒い温泉が出るのは必然と言えば必然なのだろう。

 

札幌近郊では珍しく100%源泉に自信を持っている施設だが、それ故に利用客も多いので時間帯を選びたいところ。

 

美食

館内レストランで餡掛け炒飯的なものを食べた気がするのだが、写真が無いため掲載できず。色々食べれるようになってますよ。

95・見市温泉

温泉

f:id:sticknumber31:20180919205523j:plain

施設外観。かなり年季の入った旅館だ。

f:id:sticknumber31:20180919205719j:plain

内湯は浴槽一つ。御覧の通り、秘湯感のあるにごり湯。

f:id:sticknumber31:20180919210059j:plain

見市川を望む露天風呂はロケーション抜群。

f:id:sticknumber31:20180919211636j:plain

湯に浮遊しているのは埃ではなく明らかな湯の花。散り散りではあるが、膜のように湯の表面を覆っている。池田ラジウム鉱泉の湯溜めでも見たな、これ・・・。

カルシウム塩かな?

 

成分分析書

f:id:sticknumber31:20180919210611j:plain

濃い目の塩化物泉であるが、炭酸水素イオンと400mg程度の炭酸ガスが含まれている。

 

概要

f:id:sticknumber31:20180919211253j:plain

前回の熊石ひらたない温泉の近く。少し山に入った先にある温泉だが、恐らく相当なモノ好きじゃないと入りに来る事は無いだろう。

f:id:sticknumber31:20180919212732j:plain

この川は見市(けんいち)川というらしい。

北海道らしく、森の中を緩やかに浅く流れているのが特徴。

水がキレイなんだな、これが。

 

総評

秘湯としてのレベルは非常に高い。というのも、そもそも「え?ここにあんの?」みたいな場所にあるので、狙って来ないとまず来ないような温泉。要するに秘湯。

 

浴槽は完全に源泉かけ流し。この日は完全に貸切だったためか、60℃の源泉が掛け流されている内湯はモノスゴイ温度に。気合を入れて加水せずどうにか入れたが、適宜水で埋めないと無理だねこれ・・・。

 

露天は空気で冷めていてまぁ入れる温度だったが、それでもかなり熱い。

塩分としては等張泉とまではいかないが、湯中に溜まった塩分が濃縮してスペック以上に高濃度の塩類泉のように感じた。これは上の湯温泉でも同じような現象が起きていた。ほったらかしの温泉ほど空気で冷やされて塩類が結晶化し、沈殿し、上澄みは流れて徐々に浴槽は濃くなっていく。

これだからほったらかしの源泉温泉は面白いんだよね。

 

浴後は思った以上に火照りが強い。やはり塩類泉としてはスペック以上の効果を持っている模様。微弱ではあるが炭酸泉であるという事も相まって、浴後は発汗が強く表れます。水風呂が無いので水シャワーを浴びて出たわけだが、しばらく川の景色を眺めながら何もしたくなくなった。

 

設備は内湯&露天というシンプルな構成で、まぁ風呂としては標準なのだが、施設が古いのと虫が多い場所なので、浴場周りの清掃はもうちょっと頑張ってもらいたかったかな・・・。

 

美食

せっかくこの辺に来たのだから、海のものを食べましょう。

f:id:sticknumber31:20180919221839j:plain

海沿いを北上するとせたな町に入る。

フェリー乗り場を超えてしばらく北上すると、海岸沿いにこんな店があるのですが・・・ここでは海女さんが採ってきた貝類を直売している。

f:id:sticknumber31:20180919222006j:plain

この店には食堂があって、なんと売り物の貝はその場で食える。

故に・・・

f:id:sticknumber31:20180919222057j:plain

このようなものをその場で選んで食う事が出来るのだ。

f:id:sticknumber31:20180919222210j:plain

せたなカレー(シーフード)もここで食う事が出来るわけだが、お勧めはこの写真のように、カレーと刺身を両方食う事である。左上がホタテ、右上が白つぶ。

貝類とカレーは異常に相性がいいので、刺身を食いながらシーフードカレー食うという一見アンバランスに見えるこのチョイスは実はベスト。

 

他にもウニ飯とかあるので、実際に見に来てみるとよいでしょう。

奥尻島と併せて観光するのがベスト。