温泉美食倶楽部活動報告書

温泉と適当に飯など

76・北美原温泉

温泉

f:id:sticknumber31:20180710182753j:plain

住宅街に佇む銭湯的な温泉、北美原温泉。

 

成分分析書

f:id:sticknumber31:20180710183049j:plain

約70℃の源泉は加水という形で浴槽に注がれている。

バランスの取れた塩泉だが、加水によりじつにちょうど良い塩梅になっているような気がしなくもない。

 

概要

f:id:sticknumber31:20180710192313j:plain

北美原温泉は函館市内の住宅街の中にあり、およそ温泉地とは思えない場所に佇む地元密着型公共浴場である。

 

無人の時間帯がほぼ無いため、浴場の写真は撮影できず。

 

ここ3年のうち多分1年くらいは函館周辺に生息している自分ですが、函館市内で最強の温泉は何処か?という問題は長い間結論の出せないテーマとなっていました。

しかしこの度断言しても良いかな?と思い、この記事を書いている次第。

 

北美原温泉は函館市内に於いて最強・・・。

 

敢えてそう前置きをして、総評に参ります。

 

総評

北美原温泉を函館市内で最高評価に置くにあたって、多角的な評価をしております。

いくつかそのポイントを紹介していきます。

 

1.湯の鮮度・源泉と加水の割合など

源泉は掛け流しに越した事は無いのだが、函館市内の温泉は何処も源泉温度が高く、源泉をそのまま供給している施設は多くありません。

敢えて挙げるなら富岡温泉と湯の川の永寿湯ですが、どちらも源泉浴槽はとてもじゃないが入れる温度ではない位に熱い。ふざけて飛び込んだら下手すると死ぬレベルです。一般人であれば中温浴槽で相当熱いレベルですので、そういう意味で大衆的とは言えないのです。

しかし加水するにしても源泉が熱くなり過ぎれば必然的に加水する水の量も多くなり、本来の温泉のパワーが薄まってしまいます。北美原温泉は源泉が70℃、加水で43-45℃程度に調整してあります。加水には冷たい井水を使っているようで、極力源泉の良さを落とさない配慮がなされています。

浴槽が大きすぎず、常時鮮度の良い湯が張られているのもポイントです。モールが混じっているのか、鮮やかなエメラルドグリーンに見える露天風呂は見た目にも美しく、その匂いも爽やかな温泉の香りがします。

 

2.営業時間の長さ

北美原温泉は朝5時から9時くらいまで朝風呂営業をして、次は午後から深夜0時までと早朝と深夜に特化した時間帯で営業しています。普通に都市部で生活していると意外とこの時間帯は風呂の要求が高くなるもので、酒飲んでそのまま寝ちゃった次の日とか、仕事前にひとっ風呂浴びて出勤したり、夜のギリギリに駆け込みで入浴できるという利便性の高さが評価を高めています。

 

3.露天風呂と水風呂の評価(交代浴の完成度)

北美原温泉の水風呂は露天エリアに存在しており、サウナの直ぐ傍に小さく配置されています。恐らくは井戸水と思われますが外にある為なのか、これが結構キンキンに冷えていて実に切れ味のある水風呂なのです。

そして露天風呂は通常温めに設定される事が多いのだが、ここは常時45℃以上の高温をキープするという、強気の温度設定となっています。水風呂だけなら昭和温泉の方がキンキンに冷えていてシャープな印象だが、露天風呂に関しては昭和温泉の高温浴槽よりも熱いと思われます。

この二つの強力な露天風呂と水風呂の交代浴が、自律神経を極限まで研ぎ澄ませ、軽いスピリチュアル体験ともいえる快楽をその身に齎してくれるのです。

 

温泉とは自然そのもの・・・宗教体験を超越した、まさしくガイアの力を感じるという訳です。

 

4.利用者と雰囲気

北美原温泉は前述の通り、地元に愛された銭湯型の温泉施設です。

観光めいた要素が無く、館内BGMも何処か牧歌的な昭和歌謡曲。いちいち古い。

空白の時間帯は無く、常に客はいるが大混雑するという施設ではなく、このバランスの良さが不思議な安心感を感じさせるのです。貴重品ロッカーもコイン不要の鍵付きで煩わしさが無く、設備的に利用者のニーズを最大限に組んでいると云うのもポイントが高い。

 

5.浴後の牛乳

f:id:sticknumber31:20180710190614j:plain

以前も紹介しましたが、北美原温泉は山川牧場よりもレア度の高い北斗市の鈴木牧場のノンケ(ノンホモ)製法の牛乳を置いています。これホンマに旨いので、ガチの牛乳好きは探してでも飲むべき。

 

そんなわけで、営業時間の利便性、お湯の鮮度、温度、水風呂、館内設備、利用者の多さ・混雑度、浴後の牛乳という多角的視点で評価をしたところ、この北美原温泉がキングオブ函館市内の温泉という評価に至りました。

 

もちろん、人それぞれ入り方は様々なのでしょうが、自分の場合は必ず露天風呂と水風呂の交代浴をする為、毎回悟りを啓いたかのような、「生を実感する」清々しい気持ちで入浴を終える事が出来るのです。俗にいう、『整う』というやつですね。

 

今回は美食なしで、ガチンコ評価で北美原温泉を紹介しました。

しかしあまり混雑されても困るので、観光客の皆さんは湯の川か谷地頭温泉にでも行ってください。(無慈悲)

75・湯の浜露天温泉(間々下温泉)

温泉

f:id:sticknumber31:20180708233307j:plain

温泉入り口

f:id:sticknumber31:20180709000814j:plain

海辺に造られた水着着用の観光風呂だ。

 

成分分析書

f:id:sticknumber31:20180709001003j:plain

実はこの湯の浜露天風呂は直ぐ近くの間々下温泉から源泉を引いている。

 

概要

f:id:sticknumber31:20180709002426j:plain

式根島と新島には高速船や大型フェリーとは別に連絡船が走っており、式根島から東京に帰る途中で立ち寄ってみました。

f:id:sticknumber31:20180709003209j:plain

これはフェリーが到着する漁港ですが・・・海がきれいすぎる・・・。

 

この新島には温泉が2か所あり、ひとつが観光用にプール入浴を前提としたこの湯の浜露天風呂と、この源泉である間々下温泉浴場があるのだが・・・

f:id:sticknumber31:20180709004755j:plain

は?

f:id:sticknumber31:20180709005020j:plain

アッー!(休館)

f:id:sticknumber31:20180709005309j:plain

間々下温泉名物砂湯に入るチャンスだったのに・・・!!

どうやらポンプの故障だそうで、実はこの日の前日の夕方にも式根島の憩いの家でポンプ故障が起きたそうで・・・(島民向け放送)塩分が濃い分、配管系のエラーは割とあるようですね。

 

そんなわけで、今回は観光風呂である湯の浜露天風呂で我慢する事になったのでございます。

f:id:sticknumber31:20180709010628j:plain

新島の玄関口、フェリーターミナルから道沿いに南へ進むと、このようにゴールド聖闘士が居そうな建物が見えてきます。

f:id:sticknumber31:20180709013010j:plain

宮殿の中身はこのようになっていて、足湯用スペースなのかな?

f:id:sticknumber31:20180709013107j:plain

上から見ると結構風呂場は広い。この日は間々下温泉本館が休館だった事もあり、地元の爺さんっぽい人も入りに来ておりました。

f:id:sticknumber31:20180709013335j:plain

まぁ自分も水着は無かったので足湯での利用になったわけですが、泉質は成分分析表の通り塩分の濃い火山性の温泉で、これは多分真水を足して温度調整しているモノと思われました。塩素はどうだろう・・・不特定多数の人間が利用するだけに、しているかもしれませんね。

 

総評

結局ちゃんとした浴用施設を利用できなかったので、評価もクソもないのですが・・・

この新島という立地を考慮するに・・・

f:id:sticknumber31:20180709014043j:plain

何故かあちこちにある謎のオブジェとか、

f:id:sticknumber31:20180709014226j:plain

江戸時代以前より続く新島の人々の生活の痕跡と、青い海・・・。

 

歴史と自然に彩られたこの城では転地効果こそがこの温泉の際たる効果かも知れません。

成分的にも塩化ナトリウムを中心に、あらゆる有効成分が多分に配合されていますので、浴後の強い発汗が予想されます。欲を言えば砂湯もきっちり試してみたかったんだが・・・。故障休館なら仕方ないね。

 

美食 

f:id:sticknumber31:20180709015036j:plain

美食・・・というかジャンクですが、フェリーターミナルで食べれる赤イカケンサキイカ)の焼きそばです。市街地による時間が無かったので・・・。

イカの食感はやはり少し固め。イカっぽいっちゃイカっぽいけど、この辺は好みかなぁ。

f:id:sticknumber31:20180709015409j:plain

そして伊豆諸島と言えばアシタバのフラペチーノ。

まぁ・・・アシタバですね・・・。

 

f:id:sticknumber31:20180709020320j:plain

そんなわけで、今回の島めぐりの旅は終了。

新島と言えばくさやだったのですが、立ち寄りだったために食べる機会もなく・・・。

次回は青ヶ島にでも行ってみたいですね。

 

74・式根島温泉(地鉈温泉・松が下雅湯・足付温泉)

温泉

f:id:sticknumber31:20180627224240j:plain

松が下雅湯は整備された観光用露天風呂。

海水浴場の近くにあり、足湯のほか、水着着用で入れる。

潮の満ち引きに左右されないと云う事で、源泉は地鉈温泉と同じではないかと思われる。

f:id:sticknumber31:20180627224518j:plain

通称外科の湯と呼ばれている足付温泉。

海と一体化しているため、入るにはちょっと勇気が・・・。

f:id:sticknumber31:20180627224852j:plain

そして秘湯・地鉈温泉。式根島最大の目的。

f:id:sticknumber31:20180627225013j:plain

地鉈温泉湧出部位。海の直ぐ傍にあるが、70℃もある為もう少し潮が満ちないと入れない。

 

成分分析書

f:id:sticknumber31:20180627225254j:plain

足付温泉に関しては海と一体化した浴槽しかないため、成分表なし。

こちらは島で唯一の入浴施設・憩いの家に掲示してある成分分析書になります。

約3.3%の塩類・・・海水やな!!と思いきや、鉄分が多いので間違いなくこれは温泉。

 

概要

式根島は東京都の一部で、フェリーで行けるセブンアイランドの中では最も小さな島となります。

f:id:sticknumber31:20180627225755j:plain

セブンアイランドとは即ち、この地図上で見ると上から

大島、利島、新島、式根島神津島、三宅島、御蔵島の7つになります。

この他、さらに南に行くと八丈島青ヶ島と続いて、定住者がいる島としては最南端となる小笠原諸島の父島・母島になるわけですな。

 

f:id:sticknumber31:20180627230242j:plain

そんなわけで旅の始まりはまず島の探検から開始。

f:id:sticknumber31:20180627230341j:plain

たたき丸とはおにぎりを魚の練り物で包んであるものですが、中の具にくさやがある辺りが伊豆諸島らしい。

f:id:sticknumber31:20180627230538j:plain

島の南東側には江戸時代に結構悲惨な塩年貢を強いられた記録を示す史跡が。

f:id:sticknumber31:20180627230730j:plain

江戸時代の人の墓だが、今でも大切にされている。

f:id:sticknumber31:20180627230821j:plain

塩を精製していた塩釜の跡。

f:id:sticknumber31:20180627230858j:plain

塩釜の近くには美しいビーチが。ラミレスビーチ♂。

そしてここから海沿いを西に歩いて行くと・・・

f:id:sticknumber31:20180627231013j:plain

これが松が下雅湯。漁港の直ぐ近くにあり、脱衣所完備。

水着でしか入れません。

f:id:sticknumber31:20180627231113j:plain

雅湯の引き湯だが、相当に熱いため、海水を注いで温度調整している模様。

つまり、ここのお湯は地鉈源泉&海水という事なんやな。

当然であるが、かなりしょっぱかった。

f:id:sticknumber31:20180627231452j:plain

で、そこからさらに西に歩くとこの足付温泉があるのだが・・・

この時は潮の状態が芳しくなかったのか、ぬるい上になんか色々浮かんでて小汚かったので、入浴はせず。ここも脱衣所があって、水着着用の温泉になります。

というか、海水と違いが判らんかった・・・。

f:id:sticknumber31:20180627231542j:plain

さて、この足付温泉から少しだけ山を登り、西に向かうと地鉈温泉があります。

その途中にこのお湯加減の穴があるのですが・・・これがどうも温泉のお湯の状態を知る為の穴だそうで、日によって温度が違うのだそうな。

f:id:sticknumber31:20180627231710j:plain

地鉈温泉はその名の通り地面を鉈で割ったような地形の先に湧く海中温泉です。

結構険しい坂道を地道に下ってゆきます。

f:id:sticknumber31:20180627231859j:plain

道中の崖に削ってあった昭和のイキリ親父達のラクガキ。マナー悪いけど、戦時中の物もあってある意味歴史遺産と化し始めてる。でも、石を削って落書きをするのはやめようね!!

f:id:sticknumber31:20180627232101j:plain

海側から見た地鉈温泉。ここは源泉温度が高い為無菌。

とてもじゃないが足すら漬けられない熱さだ。

f:id:sticknumber31:20180627232248j:plain

赤茶けた色が鉄分の存在を主張している。

相当温まるのだろうが、海水と混じった部分で浸かる事になります。

適温部分では波も打ち付けるし海藻が生えまくってて、正直入ってて気分の良いものではなかった。

f:id:sticknumber31:20180627232440j:plain

そのため、島で唯一の入浴施設である憩いの家にGO。野天風呂が苦手な人はここに来るべし。源泉は同じです。

f:id:sticknumber31:20180627232548j:plain

何故今回この地鉈温泉を目的にしたのかと云うと、この地鉈温泉は露天風呂番付東の横綱に列されているのである。宝川温泉も行った事あるので、東の横綱は制覇だ!!

f:id:sticknumber31:20180627232746j:plain

こちらが憩いの家の浴槽。地元民にも愛されている公衆浴場だ。

この日の浴槽温度は43℃だったが、地元のおっちゃん方は熱い熱いと云いながら入っていた。函館の温泉に入り慣れているので、自分は別にどうという事は無かったのだが、どうも島民は熱い湯は苦手なようだ・・・。

f:id:sticknumber31:20180627233017j:plain

ケロリンに注がれたのは源泉。

源泉は湧出時には透明。空気に晒される事で赤茶けて行きます。

f:id:sticknumber31:20180627233209j:plain

浴槽は加水のみ。74.4℃だから加水はしゃーない。

f:id:sticknumber31:20180627233435j:plain

この他、島はほぼ一周歩いて回ったのですが、流石に火山で出来た島だけあって、奇岩立ち並ぶ風景は雄大そのもの。この写真では向こうに新島が見えています。

f:id:sticknumber31:20180627233627j:plain

島で最も高いところまで登ると、このような絶景が待ち受けていました。

向こうには新島と利島も見えています。海青スギィ!

f:id:sticknumber31:20180627233812j:plain

絶景だったけど歩いて回ったら熱中症になりそうになった。

原付借りてもよかったかもね。

 

総評

秘湯感という点では申し分のない温泉でした。

ただ、野天風呂に関してはどうも自分はあまり求める方向性が違うようで、どうせ入るなら浴用に整備された風呂に入りたいマンとしては、やはり憩いの家を推したいです。

 

源泉としては地鉈温泉と共通。成分分析書からも解る通り、海水と同じ強烈な塩泉です。お風呂の温度も高めという事もあって、水シャワーを浴びて出たにもかかわらず浴後は大量に汗が吹き出します。ポカリスエット買っちゃったもんなぁ。

 

海水ベースなので日焼けした後はお湯が滲みるのに注意だが、新陳代謝を促すのには申し分のない温泉でありました。ここまで塩分が濃いとちょっとしたサウナ並みに汗が出ます。

 

なにより東京から遠く離れたこの離島で入るってのが何とも言えないじゃないですか。この温泉は泉質云々というよりも、転地効果を最大限に評価したい温泉ですね。

 

美食

f:id:sticknumber31:20180627234526j:plain

旅館メシその1。

とにかくどの島に行ってもアシタバ推しの伊豆諸島だが、この式根島に関しては真鯛の養殖をしているので、鯛の刺身が流石に旨かった。

f:id:sticknumber31:20180627234646j:plain

二日目はべっこう寿司などにも使われる真鯛の漬け。

醤油、みりん、島トウガラシで味を付けた鯛の刺身は絶品だ!

イカケンサキイカとかいう奴です。歯ごたえが凄いあるけど、この辺は好みかなぁ。

f:id:sticknumber31:20180627234904j:plain

前述しましたが、島内には真鯛養殖場があります。

海と一体化した生け簀で養殖されていて、クソデカイ鯛がうようよしていていた。

生育環境的にも海とほぼ変わんないね、これ。

 

ただ、式根島自体はもう漁業は殆ど行われていないようで、島内には鮮魚を食える店が一軒もありませんでした。ほぼ観光業にシフトしてるんですね・・・。

 

こうしてみると、島での産業をどう維持するのかって、非常に難しい問題なんだなーというのを改めて感じさせられた。漁業がまだ普通に盛んで、安くてうまい肴がホイホイと流通する道南は凄く良い所なんだなーと改めて実感しています。

 

今回は以上!!次回、おまけで新島編。

73・小屋原温泉 熊谷旅館

温泉

f:id:sticknumber31:20180626233050j:plain

施設外観。恐ろしく辺鄙なところにあって、しかもかなり古い。

f:id:sticknumber31:20180626233155j:plain

マニアが泣いて喜びそうな掛け流しの透明な炭酸泉。

溢れた湯が描く茶色の模様はもはや芸術よの。

 

成分分析書

f:id:sticknumber31:20180626233502j:plain

自噴する炭酸泉。炭酸ガスとしては高濃度炭酸泉の指標でもある1000ppmは超えないものの、源泉も37℃と奇跡のようなぬる湯でプールせずそのまま放流しているので、スーパー銭湯などでよくある高濃度炭酸泉と遜色のない泡付きを堪能する事が出来る。

 

概要

f:id:sticknumber31:20180626234026j:plain

場所はここ。三瓶山の裏手側にある小さな集落の奥にあるが、途中でかなり険しくて細い道を進む事になるので、細い道になれてない人や、デカい車では行かない方が得策だ。

f:id:sticknumber31:20180626234257j:plain

炭酸ガス濃度としては長湯温泉などと比べるとそれほど驚く程のものではないが、此処は自噴であり浴槽に源泉を直引きしているので、この通り湧出口から湯が出た途端にシュワシュワと泡を吹いている。

f:id:sticknumber31:20180626234453j:plain

一度湯に漬かればあっという間にこの有様だ。すごい(すごい)

f:id:sticknumber31:20180626234539j:plain

ここの素晴らしさはこの透明度にもある。

炭酸泉は他のミネラルも多く、湧出時点では結構濁っている事も多いのだが、ここの湯はまるでラムネのように透明だ。

f:id:sticknumber31:20180626234713j:plain

浴槽は4個室に分かれており、各60分以内で使うように指示される。

というのも、絶妙なぬるま湯なので何時間でも入れてしまうので、個人占有でロットが滞るのである。それでいて日帰り入浴の時間は短く、朝は早いが午後3時には終了となるので注意が必要となる。

 

さて、今回は三瓶山周遊のついでに出雲大社にも行って来たのでご紹介。

f:id:sticknumber31:20180626235050j:plain

今回の旅では3か所目の世界遺産

とにかく歴史が古く、神々の存在を感じれる場所。外国人の観光客も多かった。

f:id:sticknumber31:20180626235159j:plain

裏からの本殿の様子。こうしてみると北海道にも開拓地には似たような神社がボチボチあるので、日本という国はつくづく神道の国なんだなぁと実感する。

f:id:sticknumber31:20180626235416j:plain

出雲大社参拝のあとは一畑薬師にも行ってきました。

ここは心眼を啓けるという眼のご利益がある寺で、ここに寄ったのには一つだけ訳がありまして・・・。

f:id:sticknumber31:20180626235643j:plain

この寺はほうじ茶の生産を行っており、霊験あらたかなこのお茶は味も品質も抜群で、ここに来れば呑み放題です。とにかく上品な香りと味なので、是非お試しあれ。

お土産用の茶葉も買いました。

 

総評

今回の小屋原温泉、非常に判り辛い場所にあってしかも非常に険しい道のりでしたが、温泉の評価としては最上位ランクの上質な湯でした。

f:id:sticknumber31:20180627000036j:plain

この佇まい・・・まさに秘湯。

一つの湯を独り占めにできる貸切システムと良い、透明でかつ自噴の炭酸泉。

 

場所が辺鄙な分、源泉からの距離も近くてお湯の鮮度としては申し分ないものがありました。今回の旅の最大の目的は前回記事にした池田ラジウム鉱泉でしたが、それを上回るだけの新発見となった湯でした。

 

こんな湯が出るのだから、山陰・・・侮れない。

やはり湯は泉質よりも鮮度が一番ですね。

 

美食

f:id:sticknumber31:20180627000708j:plain

出雲と言えば出雲そばですよ。これはマスト。

久々に食べましたが、長野にも負けていない強い蕎麦の風味が特徴。

水も良いのかもしれないですね。この辺はワサビも美味しいので、尚良し。

f:id:sticknumber31:20180627000835j:plain

そして食後には出雲ぜんざいを。

ぜんざいの起源はこの出雲にあるそうで、神西湖に由来する神西餅(じんざいもち)が訛ってぜんざいとなったそうですよ。

あぁ^~甘くて心がぴょんぴょんするんじゃぁ^~

 

てなわけで、今回の中国地方遠征編は終了。

f:id:sticknumber31:20180627001144j:plain

原爆ドーム石見銀山と併せると計3つの世界遺産巡りが出来ましたとさ。

山陰は泉質がマニアックで温泉がイチイチ侮れないと云う事がよくわかったので、関東在住の社畜の皆さんはカルトな温泉で心身ともに癒されなくてはならないので、残業が終わったら東京駅から出る寝台特急サンライズ出雲に乗るんだ!

72・池田ラジウム鉱泉・放泉閣

温泉

f:id:sticknumber31:20180624233150j:plain

源泉は旅館の直ぐ傍から湧出している。

f:id:sticknumber31:20180624233326j:plain

源泉は冷たいため、湧き水のようにしか見えないが、屈指のラジウム濃度を誇る。

f:id:sticknumber31:20180624233538j:plain

浴槽は追い炊き方式。水の代わりに源泉を足して冷却する。

 

成分分析書

f:id:sticknumber31:20180624233705j:plain

放射能に関する数値が無いが、この三号泉ともう一つ八号泉が高濃度のラジウムを含有しており、日本でも屈指の効能を有しているとされる。

(八号泉も一応見たけど、八号井窟は蚊が多くて即退散した)

 

概要

日本で最強の酸性泉は草津の香草温泉か、浴用施設としては秋田の玉川温泉だろう。

アルカリ性泉では埼玉にある都幾川温泉か、長野の白馬八方温泉が該当する。

では最強の放射能泉は一体何処なのだろう?

 

これに関しては諸説あるのだが、関東では増冨ラジウム鉱泉

そして関西圏でその名が知れ渡っているのが、この池田ラジウム鉱泉である。

f:id:sticknumber31:20180624234652j:plain

まー遠いですわ。広島からレンタカーで約2時間。

三瓶山の麓にある秘湯中の秘湯。

f:id:sticknumber31:20180624234338j:plain

実はこの辺り、山陰のたたら遺跡からも判るように、非常に鉄が取れる所です。

このような赤茶けた析出物は、この温泉に限らず中国山地の湧水などではよく見られる特徴です。

f:id:sticknumber31:20180624235140j:plain

実は旅館に立ち寄る前に石見銀山を見て来ました。

世界遺産としてエンターテイメント性のある遺構ではありませんが、石見銀山は日本で最も古い鉱山であり、当時の世界の銀の殆どを生産していました。

f:id:sticknumber31:20180624235432j:plain

手積の石段が特徴的な神社。この神社もかつては両側に家が建って、人でにぎわっていたのだとか。

実はまだ深部まで掘れば銀は出るそうですが、リスクの方がでかそうですね・・・。

 

色々と見聞きして解った事ですが、この辺りの地質はどうも他の温泉地とは一味違うらしい。というのも、同じ鉱山でも土肥金山などは採掘中に温泉がバカスカ湧き出た経緯があります。しかし、石見銀山では水は出ても温泉は出ていない・・・。

やはりこの中国山地は殆ど地熱の無い所らしい。そして、先程の源泉の写真からも解る通り、かなりミネラル(というか金属)を多く含んだ地質のようです。

 

ヤマタノオロチ伝説では、須佐之男命が退治したオロチの尻尾から固い剣が出てきて、それが現在に続く天皇家三種の神器草薙剣(アメノムラクモの剣)となるわけですが、山陰で云うオロチとは水=川を指し、その川から取れた砂鉄で作られたのがこの伝説の剣だと云われています。

要するに、須佐之男命がこの出雲の国を開拓し、治水工事を施して製鉄業を興したと考えれば合点の行く話になりますね。

f:id:sticknumber31:20180625000603j:plain

良い時代の銀で作った江戸時代の銀銭。

f:id:sticknumber31:20180625003703j:plain

水は出るが湯は出なかった模様。

 

鉱脈と温泉の泉質にどのような因果関係があるのかは判りませんが、地熱の少ないこの地域ではもっぱら炭酸泉が出るようです。少し上に載せた源泉に手を付けた写真をよく見てもらうと、指にはもう泡が立ち始めているのが分かります。

放射能泉であると同時に、ここ池田ラジウム鉱泉積丹のシララ温泉と同程度の炭酸泉でもありました。

f:id:sticknumber31:20180625000957j:plain

これは旅館の直ぐ脇にあった源泉を溜めておく湯貯めのようですが、液面に張っている白い膜は有機物ではなく、析出したカルシウムの塩でした。たまげたなぁ。

 

成分分析書にもリチウムだの様々なミネラルの存在が記されているので、そりゃラジウム鉱脈があっても不思議じゃないよなぁ。中国山地にはウラン鉱脈もあるので、温泉目当てでヤタラメッタラ掘ると痛い目を見そうですね・・・。

 

総評

今回は温度調整の利く風呂で、しかも貸切状態でした。

かつ冷鉱泉が源泉という事で、かなり温めのお湯に調整して長湯を堪能させてもらいました。

お湯自体の刺激は酸性泉のような強さはないが、炭酸泉特有のチリチリとした刺激が印象的。長湯になる為、最初は冷たいかなー?と感じた湯が徐々に火照って心地よくなっていきます。この微妙な火照りは炭酸のせいなのか、それとも放射能のせいなのかは判りませんが、浴後は結構汗が吹き出しました。

 

とはいえ、放射能泉の活用の仕方としてはやはり増冨ラジウムの不老閣や金泉閣が一歩先を行っているイメージです。あそこは源泉をプールして使ってないため、湧き出た直後の湯に入浴する事になります。そして温泉入浴指導員が常駐し、適切な入浴方法を指導してくれます。

 

まぁ施設の規模とかその土地の人々の風呂に対する感覚の違いもあるのですが、放射能泉を活かすにはやはり追い炊き方式ではなく、浴槽は白湯と源泉に分け、源泉は常時湧水地から直に放流しておくべきかと思われます。

ラジウムは非常に不安定な元素で、湧き出たあとは直ぐに壊変して散ってしまうからです。

 

個人的に、スペック上の数字を抜きにして今回の経験から考察してみると・・・放射能泉としてのポテンシャルの高さはやはり増冨ラジウムに軍配を上げたいところです。最強はやはり湧水池に直に入れる不老閣かと。

 

まぁ、やはり何事も入りに来なくては解りませんね。

もちろん、ここはここで温泉としてのポテンシャルは高いので、秘湯マニアの人々には引き続き入りに来ていただきたいですね。

 

美食

f:id:sticknumber31:20180625003137j:plain

道の駅みずほで食べたつけ麺。

つけ麺は夏季限定品らしいですが、喜多方ラーメンに近いあっさりとした風味。

北海道では見ないタイプのラーメンでしたね・・・。 

71・長万部温泉

温泉

f:id:sticknumber31:20180530222010j:plain

少し茶色がかった湯からは仄かに土と油のにおいがする。

肌に張り付き、芯まで温まる湯だ。

f:id:sticknumber31:20180530222326j:plain

少し色は判り難いが、透明度はある。

f:id:sticknumber31:20180530222417j:plain

湯の給湯口。周囲には塩分も濃く、結晶物も見受けられる。

旅館の風呂に入ったので、そこそこの手入れはされていた。

 

成分分析書

f:id:sticknumber31:20180530222821j:plain

成分総計10.09g/kg。

ほぼ塩化ナトリウムだが、やはりというか、北海道らしくいくらか炭酸水素イオンを含んでいる。

 

概要

f:id:sticknumber31:20180530230441j:plain

長万部と言えばカニカニと言えば長万部という認識があるせいか、長らく長万部に温泉があると云う事を意識しなかった自分ですが、かなり熱いという噂はかねがね聞いていました。

f:id:sticknumber31:20180530223350j:plain

立ち寄った旅館には白黒の写真が掲示してあり、温泉の歴史もかなり古くからあった事が窺い知れます。右上には天然ガスが吹いているという写真も載っているので、ここも濁川同様に地熱と天然ガス資源がある地形なのだという事が判りました。

どうりで浴室のあのアブラ臭・・・。

f:id:sticknumber31:20180530224137j:plain

毎分600Lって結構な量だ。

しかし、温泉街はひっそりと静まり返っている・・・。

 

長万部は北海道にとっては丁度道南と道央の境目という事で交通の要所でもあり、今後は北海道新幹線の延伸により、長万部は新幹線と函館本線の分岐点としてますます重要な街になると思います。

賑わっていたカニの街よ、今一度盛り上がれ!!

 

総評

初入浴での評価でいうと、此処は強烈なナトリウム・塩化物泉+αという評価。

 

アブラを含んだこの湯は、ただの熱の湯というだけでなく、肌に張り付くという特性も持っている。それ故に保湿効果もあり、源泉の50℃付近という温度もこの寒い北海道に於いては掛け流しを維持するのにちょうど良い温度となっています。

とにかく熱く、ガツンと芯に染みる入浴感があります。

 

寒い冬こそ、味わってもらいたい温泉の一つですね。

 

美食

f:id:sticknumber31:20180530231326j:plain

カニ飯。

カニの街としては衰退の著しい長万部ですが、今でも老舗のカニ飯店はあります。

やはり長万部と言えばこれね。

f:id:sticknumber31:20180530231610j:plain

これはバイパス沿いのカネフク浜形水産で食べた昼飯。

イクラカニ飯!カニ汁!!

やっぱりカニは出汁が出るので味噌汁が旨い。

あぁ^~たまらねぇぜ。

 

またそのうち食べに行きますよーイクイク・・・

f:id:sticknumber31:20180530231826j:plain

番外編・北海道の温泉ランキング・トップ10

ネタがないのでこれまで紹介した記事の中で秀逸な温泉をランキング形式で紹介していきます。

 

第10位

sticknumber31.hatenablog.com

さて、最初の10位は奥尻島より神威脇温泉。

掛け流しであるという基本ポイントと共に、滅多に来れないレアさ、磯風浴びる転地効果、そして食べる物も申し分なく美味いという点を評価しランクイン。

 

第9位

sticknumber31.hatenablog.com

道南から恵山温泉がランクイン。

酸性泉でありながら一切の濁りが無いというとても珍しい泉質で、しかもぬる湯であるという点を高く評価。海産物も申し分なく美味い。

 

第8位

sticknumber31.hatenablog.com

道北方面から愛山渓温泉が8位にランクイン。

秘湯度の高いこの温泉は敢えて狙って入りに来る価値がある。

 

第7位

sticknumber31.hatenablog.com

道央方面から江部乙温泉をチョイス。

疑問符を持つ人も多いかもしれないが、私は意外に冷鉱泉好きなんですよ。

ここは源泉の冷鉱泉をそのまま水風呂で使っている事を高く評価した。

 

第6位

sticknumber31.hatenablog.com

積丹からシララ温泉がランクイン。

炭酸泉として申し分のないスペックであり、ロケーションも最高です。

夏場にウニとセットで堪能しに来よう。

 

第5位

sticknumber31.hatenablog.com

道南から濁川温泉を推します。上の湯温泉など色々と入り比べましたが、濁川はやっぱりちょっと特殊です。何が特殊か上手く例えられませんが、ただの塩湯とは違う特別な湯の力を感じます。とても強い湯として推す。

 

第4位(その1)

sticknumber31.hatenablog.com

積丹から神恵内温泉がランクイン。

海水よりも濃い強烈な塩泉と、切れ味のある水風呂を高く評価。

一度入ると帰りたくなくなるようなパンチ力のある泉質は是非一度入りに来てもらいたい。

 

第4位(その2)

sticknumber31.hatenablog.com

同率で第4位には道東から標茶温泉を推す。

自噴であり適温であり良質なモール泉であるこの標茶温泉は、ヌルヌル系温泉としても非常に評価が高い。個人的には道内モール泉の中で最もここの評価が高い。

 

第3位

sticknumber31.hatenablog.com

道東から野中温泉(雌阿寒温泉)が3位です。

正直この辺のランクともなるともう殆ど差が無いといっても良いレベルの高い温泉ばかりなのだが、ゼロ距離の源泉、そして死を感じさせるような濃い硫化水素の匂いにマニアジャンルの湯として最高評価を与えました。

ちなみに、道東の三湯を上げるならここと、川湯温泉標茶温泉です。

 

第2位

sticknumber31.hatenablog.com

道南から湯の川温泉・他として函館市内全域の温泉を一括りにして評価しました。

具体的に云うと、函館市内外には湯の川温泉の他に

・昭和温泉

・北美原温泉

・富岡温泉

・花園温泉

・錦温泉

・山の手温泉

谷地頭温泉

・西桔梗温泉

七飯町アップル温泉

といったどれも一級品の泉質を持つ温泉があちこちでしかも掛け流しで提供されているという点を高く評価しました。

これは意外に知られてないんじゃないかと思うが、別府には及ばないものの、函館は市全体が巨大な温泉都市なのです。

 

第1位

sticknumber31.hatenablog.com

キングオブ北海道の温泉といえばやはりここしかないですね・・・。

 

第一滝本館にはもう10年以上も何度もリピーターとして風呂に入りに行ってますが、

ハッキリ言ってこの世の極楽です。

 

お湯そのものは適温に保つために適宜加水はされていますが、そもそも登別は水で薄めないと身体に悪いくらいに強い湯が出てますので、これはこれでちょうどいい塩梅で温泉の恩恵を受ける事が出来るのです。

 

総合的な評価という面では、設備の高さもその評価点です。

 

・個性豊かな7つの自家源泉

・退屈しないほど多くの浴槽

・露天風呂で枡酒が飲めるという他にはないサービス

・風呂上がりに飲み放題のエゾウコギ

 等々

 

とにかく至れり尽くせりです。

初心者から玄人まで納得の温泉を堪能できるという点において、やはり第一滝本館は一つのベストアンサーを体現した温泉だと云えるのです。

多くの外国人観光客からも高い評価を得ている事でしょう。

 

やはり北海道最強の温泉は登別温泉であった・・・。

 

以上、北海道温泉ランキングでした。