温泉美食倶楽部活動報告書

温泉と適当に飯など

126・富良野・島の下鉱泉~旭川・龍乃湯温泉~21世紀の森の湯温泉

温泉

今回は趣向を変えて旅程を入れながら入った温泉を紹介します。

f:id:sticknumber31:20190630225707j:plain

まずは旅程の関係から島の下鉱泉を紹介。

ハイランドふらのという公共施設内にある温泉です。

人がいたため、浴室写真は無し。

中はサウナあり水風呂あり露天アリの可もなく不可もないシンプルな構成の公共浴場。

 

f:id:sticknumber31:20190630230325j:plain

次に龍乃湯温泉。素人でも一目で判る鉄泉。

成分等については後述。

源泉自体は冷たいのだがここの高温浴槽はかなり攻めの姿勢を堅持している。夕方時点で44℃はあり、朝風呂の段階では50℃近くあって入れなかった。

その代わり、水風呂はかなり優しい。

f:id:sticknumber31:20190630230803j:plain

最後に21世紀森の湯温泉。旭川市が抱える野外活動施設みたいなところで、なんと無料。その代わり、シャンプーやせっけんなどは使用禁止。

 

成分分析書

f:id:sticknumber31:20190630231033j:plain

まずは島の下鉱泉。一応分析書は掲示してあるけども、法律上はただの湧き水・・・つまり鉱泉に属する非温泉です。ここで特徴的だったのが硫化水素の量です。液中のイオン型の硫化水素とガス型の硫化水素を足しても2mgを超えないため、硫黄泉という名称を名乗れない不憫な温泉であるものの、浴室やお湯からは微かに硫化水素の匂いがしました。

f:id:sticknumber31:20190630231409j:plain

次に龍乃湯温泉。ここも源泉が13℃しかなく厳密には鉱泉に属するべきだった筈だが、鉄の含有量が10mg/kgを超えており、療養泉の基準を満たすので温泉を標榜しています。単純鉄冷鉱泉という極めて稀有な温泉として存在感を表している。

f:id:sticknumber31:20190630231739j:plain

最後に森の湯。比較的新しい温泉だが、今回の旅では唯一の42℃以上ある温泉らしい温泉だった。後述するが、成分分析書と入った所感が最も不一致だったのがこの温泉。

 

概要

f:id:sticknumber31:20190630233742j:plain
今回の旅程はざっくり云うと札幌から国道12号を北上し、下道で江別~岩見沢を抜けて三笠に向かい、そこから桂沢湖を経由して富良野に抜けるという学生時代からおなじみのショートカットを使って移動しております。

 

面白いのが、21世紀の森の辺りはキッチリ温泉なのに対して、国道237号から西側は冷鉱泉しか出てないって点よね。桂沢湖の湯ノ沢鉱泉も含硫黄の冷鉱泉だったので、このエリアは地熱の少ないエリアなのかもしれません。

逆に国道12号線沿いまで西に出ると北村温泉だの所々高温泉が点在してきますが、江部乙も奈井江の温泉も冷鉱泉だったので、旭川近郊はそれほど地熱が無いエリアなのかもしれません。

 

この旅程の良いところは、旭川に行くには遠回りなんですが富良野経由で美瑛も通過して北上する為、まぁなんやかんや北海道らしい景色を見ながら移動を楽しむ事が出来るという点です。

f:id:sticknumber31:20190630233945j:plain

ハイランドふらののラベンダー畑です。

もう7月になろうかという時期ですが、まーだちょっと早かったかもしれませんね。

f:id:sticknumber31:20190630234046j:plain

でも近くで見ると充分きれいに咲いてますね。

f:id:sticknumber31:20190630234212j:plain

美瑛は何度も来た事あるし、移動ですっ飛ばしたのでパパパっと宿に到着!

東旭川駅の直ぐ近くにあるので、ビジホ兼の公共浴場という感じです。

中はリニューアル後らしく思った以上にシンプルでキレイ。

しかし布団はせんべい布団でした。

 

総評

f:id:sticknumber31:20190630235039j:plain

良い意味で期待を裏切ってくれたのが富良野の島の下鉱泉です。桂沢湖の峠越えの後の休憩所としてはうってつけの場所にあり、値段もそこそこにお得、ボディソープとリンスインシャンプーのアメニティが揃っているので、タオル1枚あれば入浴可能。

 

厳密には温泉でないにもかかわらず、浴室に入るなり微かではあるが硫黄の香りがしたので、「あぁ、意外に温泉してるじゃん。」と思えた。

 

ラベンダー畑も目の前にあるし、そもそも殆ど癖のない泉質をしているので、案外観光途中の休憩に使いやすい施設なのかもしれない。

f:id:sticknumber31:20190630230520j:plain

次にこの龍乃湯温泉だが、単純鉄冷鉱泉という泉質自体がかなりレアリティが高いので、そこは評価点としてまず上がる。香りは殆どないが、微かだが土のような匂いがする。肌触りは弱酸性よりなため普通で、ツルツル感は無かった。

鉄泉はどれも強い湯のイメージだが、塩分は殆どないため他の鉄泉よりは入りやすいかもしれない。ただ、高温浴槽はかなり熱めにしてあったので、水風呂と交代浴をやった後は疲労感がドッと押し寄せてきた。

 

f:id:sticknumber31:20190630235905j:plain

最後にこの森の湯。今回の旅では唯一ちゃんと温泉している湯であったのだが、ここも微かな硫黄の香りと同時に肌に微細な泡が発生した事が印象に残った。

しかし成分分析書では硫化水素はイオン型が微かにあるものの、ガス型は全く検出されておらず、また身体に気泡を発しうるような炭酸ガスの成分も見受けられなかった。微かに炭酸イオンも含んでいるのでそれが原因なのかとも思われたが、果たしてこの程度の量であれほどの気泡が立つだろうか・・・?

 

まぁ温泉は毎日状態が違うので、もしかするとたまたま検査日には検出されていなかっただけで、炭酸ガス硫化水素は実はもっと含まれているのではないかと勘繰ってしまうような浴感だった。浴感と成分分析表の内容が不一致を起こすのは温泉ソムリエとしては気になるところですね。

 

ここはボイラーなどもなく、源泉が43℃、浴槽温度が39℃だったので源泉掛け流しでまず間違いないでしょう。

 

なにより、無料なのは素晴らしい!!じゃけんきれいに使いましょうねー。

 

美食

残念ながら今回もラーメンの旅でした。

f:id:sticknumber31:20190701000854j:plain

まず札幌を出た直後、北海道から絶滅したと思われていたらーめん初代一国堂を江別で発見してしまい、思わずイン。

f:id:sticknumber31:20190701001042j:plain

醤油チャーシュー麺と角煮飯。

記憶が薄れたのか、前とスープの色と味が若干異なっているような・・・。

f:id:sticknumber31:20190701001353j:plain

二日目、旭川ではラーメン村に行きました。

f:id:sticknumber31:20190701001530j:plain

今回は梯子をするので最初にいってつ庵の醤油ラーメンを食す。

面は正統派の旭川かとう系の麺で、スープは少し苦みを感じる位の香ばしい醤油。

これはかなり好みの味でした。自分は元々道民じゃないから、豚骨と醤油ラーメンが好きなんですよ。

f:id:sticknumber31:20190701001825j:plain

2軒目は最上の烏骨鶏塩ラーメン。

麺がやはり旭川ラーメンらしい歯応えのあるちぢれ麺。

この塩ラーメンは先程の醤油ラーメンと比べるとあっさりでインパクトは薄いが普通に旨い。ショウガを溶くと薬味が効いて薬膳っぽい風味になる。

この麺の相性だとやっぱりもっとコッテリしてた方がいいのかもなー。

 

今回は美食というか完全にラーメンブログと化してしまいましたが、次はもうちょっと違うものを食べに来てみたいですね。旭川は意外にジンギスカン旨そうなので気になります。

125・奥薬研温泉かっぱの湯

温泉

f:id:sticknumber31:20190325225741j:plain

無料温泉とは思えない程の快適さがある開放的な風呂。

 

成分分析書

記録なし。アルカリ性単純泉だそうです。

 

概要

f:id:sticknumber31:20190325230624j:plain

本州の最果て、青森県下北半島の奥地に位置する奥薬研温泉は昔から孤高のライダーたちの間では名の知れた温泉である。

 

北海道を目指す首都圏のライダーの大半は大洗発~苫小牧便を目指して茨城へと北上するわけだが、一部の気合の入ったライダー達は東北道をバイクで北上し、青森から津軽海峡フェリーで函館を目指す。その中でも更に捻くれたライダー達は東北道を下りた後に素直に青森にはいかず、下北半島を北上して大間から函館に向かうフェリー便を利用するのである。

 

この捻くれたライダー達は大間の港に着く前に何処かで野営をするわけであるが、その野営地として古くから愛されてきたのがこの奥薬研温泉である。そもそも大間~函館便は便数が少なく、フェリーの予約を取ったとしても待ち時間が発生する事が多々あるのだ。キャンプ場の近くに無料開放された温泉が用意されているこの奥薬研は、そんな時間を持て余したライダー達の野営地にはうってつけの場所であり、多くの捻くれたライダー達はこの温泉に浸かりながら北海道へ行ったら何食おうか?などと胸を熱くして語り合うのである。

f:id:sticknumber31:20190325231701j:plain

近くを流れる大畑川は景観も美しく、キャンプをするにしても最高のロケーションである。

f:id:sticknumber31:20190325232006j:plain

カッパの湯の名前の通り、カッパにまつわる逸話があるらしいが、日本最強の心霊スポット恐山が目と鼻の先にあるので、そっちの方も立ち寄ってみるとよいかも。

 

総評

f:id:sticknumber31:20190325230051j:plain

写真からも判るように、カッパ様が見守るこのお湯は透明度が高い単純泉で、硫黄などの匂いはほとんどしない。

 

渓流の直ぐ傍にあって景観は最高。時間制で男女入れ替えとなっており、利用時は時間にも注意しておく必要がある。

 

浴場入り口付近のお湯の給湯口があり、その付近だけかなり厚めの温度になっている。しかし浴槽自体はかなり広いので、場所さえずらせば適温での入浴が可能だ。

 

無料風呂にしては掃除の手入れも比較的行き届いており、利用しやすい。

ただ洗い場が用意された浴場ではないので、汗を流す程度に利用するとよいだろう。

 

美食

f:id:sticknumber31:20190325232559j:plain

大間といえばやはりマグロですよ。

新鮮な生マグロ丼が食べれるのはマグロ漁をやっている時期なので、年明けから春先にかけての時期に行くと良いと思われる。

というのも、マグロは漁獲高に制限がある為、夏以降になるともう上限枠一杯になって水揚げされなくなってしまうからである。大間でマグロが上がっている時期はせいぜいGW前の時期までらしい。

 

私は幸運にもこの生マグロ丼を春先に大間で食す事が出来たわけだが、以前も書いた事かもしれないが、ハッキリ言ってバター丼食ってるみたいな脂。

醤油を弾きまくる。

あぁ^~口の中でとろけるんじゃぁ^~。

 

f:id:sticknumber31:20190325233215j:plain

ムラサキウニも時期が合えば食べれます。陸奥の漁協は最近はキャベツ養殖もやってるみたいですね。エロイッ!

番外編・温泉の効果を感じる年齢差と性差

温泉は中高年の趣味か?

f:id:sticknumber31:20180910203418j:plain

統計を取ったわけではないが、温泉という趣味は大抵の場合、若い人には受け入れられないという傾向があるのは誰しもが実感している所ではなかろうか。

 

一部の例外はあるのだろうが、何故若者は温泉に興味が無いのだろうか?

今回はそこに疑問を当てて考察してみる。

 

若年層はそもそも温泉を必要としていない。

温泉が何故中高年を魅了してやまないのか?という所にそもそもの問題。

これはもう中高年真っ盛りの自分が断言しても良いほどの確信的な仮説であるが、そもそも中高年は血流が悪いと云う事が全ての解に繋がる。

 

中高年は血流が悪いので、血流が良くなる温泉を必要としているのだ。

f:id:sticknumber31:20190127021433j:plain

加温による血液の粘度低下に加え、ジャグジーなどは物理的に筋肉をマッサージするため、血流の悪化した中高年にはそれ自体が快楽となる。TNTNが勃起するのもそれ自体が血流が良いという証明でもあり、糖尿病を患うとこれが得られにくくなる。

 

これに対して、若くて未だ肥満の傾向も知らない若年層は血流改善という効果そのものを「体感」としての効果を知らない。もしも若年層でそれを知っていると云うのならば、恐らく限界まで身体を追い詰めている一部のアスリート位であろう。

 

人間はそもそも血管の拡張、或いは血流が良くなることにある種の快感を抱くようにできているのである。細胞の隅々まで栄養がいきわたるという事なのだから、さもありなん。血流が良いという事は身体全体の喜びでもあるのだ。

 

若者はそう言った視点から、身体のポテンシャルが高いという点で、温熱効果は血管拡張という恩恵が殆どなく、単に「熱い」という不快な点しか得られないというのも彼等が風呂を敬遠する理由の一つにあると考えられる。

 

毎晩の風呂にしても、若い内はシャワーだけでもいいけど、年重ねるといよいよシャワーだけだと本気で身体の疲れが取れなくなる。温泉に目覚めるきっかけはそうした身体的な老いを自覚するという所に直結していると云っても過言ではないかもしれない。

 

では若いとは一体何歳までなのか?

生活習慣の差もあるが、身体的に若いと言ってもそれはせいぜい25歳程度位までだろう。舌の味蕾細胞が変化して吉野家の紅ショウガの美味さに目覚めるのが二十歳前後として、その辺りからもう肉体の老いは始まっているのです。

直接的に身体的な老いが「疲れが抜けない」などの実感として出始めるの概ね20代後半からで、恐らく温泉などの効果を実感として自覚し始めるのはこの年齢層からだと思われる。

 

ちなみに、自分はそもそも温泉文化の殆どない県に生まれ育ったためか、大学時代に住んだ北海道で初めて温泉文化というものを知り、それ以来この温泉の虜になっているのである。きっかけは人それぞれなんだろうけど、肉体的な実感を改めて感じたのはやはり20代後半からです。とにかく温泉に入ると入らないとでは眠りの質が違う。

 

女性の間で岩盤浴が流行る訳

男女間の温熱効果を期待した入浴の流行という点では、男性はサウナ、女性は岩盤浴というイメージがある。

サウナは熱した石などから発せられる遠赤外線により皮膚表面付近の血管を拡張する作用が高いという作用に比して、岩盤浴や薬石浴は直接接触する石から赤外線が臓器深部まで届く事により身体の芯まで温めるといった効果が期待される。

 

入り方にもよるが、両者の効果を比べると熱の届き方に差があると私は自覚している。即ち、水風呂で皮膚が締まるのはサウナ浴だが、岩盤浴は水風呂でも締まってくれない。後者は血管が開きっぱなしになり、水風呂は単なる体温の喪失に過ぎなくなるのである。

 

水浴の温度変化に対して皮膚表面の血管が締まるか締まらないかの差は、血管平滑筋が過分極しているのかしてないのかによる。過分極とは筋肉が収縮する際に必要な電位の変化「脱分極」が一定時間以上持続し、平常に電位差が過剰に分極してしまった状態を指す。

血管平滑筋の電位が過分極を起こすと、温度変化に対しての血管収縮作用への対応が鈍麻してしまう。つまり、再び元の状態に戻る(再分極)までは筋肉は反応しなくなってしまい、これは筋肉疲労と同じ原理でもある。力を入れ続けた筋肉は一旦休息を得るまで再び同じ程度の収縮を得る事は出来なくなるのと同じで、脱分極を起こすには再び細胞内外のカルシウムイオンなどの勾配が元に戻り、電位が安定する必要があるからだ。

 

f:id:sticknumber31:20190123224857j:plain

温熱効果を高めるには栄養も非常に大事。

拡張した血管に乗り、傾向で摂取した栄養は肌の隅々まで行き渡る。

 

何故岩盤浴は女性の間で流行っているのか?

この点については、まず女性は常に冷え性のリスクを抱えた生物であると云う事をまず念頭に入れる。というのも、女性は筋肉量が男性に対して少なく、熱を作り出す能力が男性に比して弱い。かつ、経血による失血から血流を確保するための素因子が弱いと云う事も化学的な理由にあると云えるだろう。

 

短時間とはいえ、過分極により血管が開きっぱなしになれば、それだけ多くの血液が身体の隅々まで行き渡る事になる。結果として女性たちは身体における末端部(特に皮膚付近)の栄養状態の改善を自覚し、体調の改善と同時に肌の張りが以前と全然違う事を自覚するのであろう。

 

f:id:sticknumber31:20190304231645j:plain

好き嫌いをせず、何でもおいしく食べる事が美肌への近道。

女性こそ牡蠣を食え!牡蠣を!!

 

岩盤浴が流行る背景には、そうした女性が抱えた生物学的な温熱効果への恩恵の差があると云っても過言ではない。血液というのは究極の栄養でもあり、熱源でもある。毎月それを失うという身体的なリスクが、彼女らを実証的に岩盤浴への理解に繋げているのかもしれない。

 

老いを知る事で自覚できる温熱効果

立ち仕事をしている人には特に実感しやすいかもしれない。

f:id:sticknumber31:20190304230915j:plain

深さのある温泉の立位浴は足の浮腫みに劇的な改善効果がある。

 

水圧による物理的な引き締め効果が挙げられるが、とにかく全身が温まって血管が開くという事は、脚に溜まっている筈の血が他所に行っているという他ならない証拠なのである。

 

自分自身毎年実感している事であるが、温泉から得られる快感は年々度合いを増しています。年齢を重ねるにつれて自分の身体は日々血流が悪くなっていっています。同じ立ち仕事をしても、帰宅後に現れる足の浮腫みや、風呂に入らずに寝落ちしてしまった翌日の疲れなどは20代の比ではありません。

 

人間は神の理(ことわり)により、年齢を重ねるごとに自らの肉体に抱え込んだカロリーを上手く自分の身体の還元しにくくなっていってしまう生き物なのです。運動する事や食事の改善でいくらかの抗いは出来るでしょうが、最も手っ取り早くその効果を得る方法、それ風呂であり、サウナであり、岩盤浴であり、温泉なのであります。

f:id:sticknumber31:20180627232746j:plain

温泉が中高年の趣味であるという事には、ある種の必然的な因果関係があるのだ。

124・赤倉温泉/湯守の宿・三之亟(山形県)

温泉

f:id:sticknumber31:20190225210449j:plain

もしかしたら前にも紹介した事あるかもしれないんですが・・・。

超年季の入った旅館。三之亟(さんのじょう)と読みます。

開湯はなんと863年!千年以上前とはたまげたなぁ・・・。

これはもうだいぶ前の写真ですが、今は外国人観光客なんかが多く来てそうな老舗の旅館です。

 

成分分析書

f:id:sticknumber31:20190225210707j:plain

成分的には陽イオンの少ない純度の高い硫酸塩泉で、ほぼほぼ単純泉に近い構成ですね。色は澄んだ透明で、岩に磨かれた爽やかな香りが特徴。

 

概要

f:id:sticknumber31:20190225211639j:plain

北海道の温泉がそろそろネタ切れになってきたので、過去のフィールドワークの引き出しから引っ張り出してきた写真で今回は紹介します。

 

赤倉温泉は新潟など割と全国に同名の温泉がある事で知られています。

いきなり話が逸れますが、新潟の赤倉温泉温泉ソムリエのお膝元でも有名ですね。

実は私も持ってます、温泉ソムリエ

f:id:sticknumber31:20190225211949j:plain

受講したのは大分前の話ですけどね。

 

さて今回紹介する赤倉温泉宮城県鳴子温泉郷の奥地、県は跨ぎますが位置的には奥鳴子温泉と呼んでもいいような場所にある秘湯です。

f:id:sticknumber31:20190225212203j:plain

三之亟を名乗る温泉は中山平温泉にもあるので、間違えないように注意。

このエリアは温泉のデパートと呼ばれるくらい様々な種類の源泉が湧いており、黒いモール泉から白い硫黄の湯、トロトロのアルカリ性泉まで多種多様あるので、時間があれば10日くらいかけてじっくりと回ってみたいところですね・・・。

 

どうもこの三之亟という屋号は謎の多い屋号らしく、ここの宿の主人の過去のブログを漁ってみると、もしかしたらルーツはこの地に住んで旅人を襲っていた山賊だったのではなかろうか?という考察が書いてありました。まぁ詳しい事は知らんけど。

f:id:sticknumber31:20190225212707j:plain

赤倉温泉は駅からもそう遠くないので、電車で行っても良いと思います。
奥の細道湯けむりライン、スローな旅もいいもんですよ。

他の温泉とセットで堪能しよう。

 

総評

例によって浴場の写真は無し。

数百年にも渡って守られてきた源泉は云うまでもなく、浴室は宿の奥にある岩風呂で源泉がそのまま自噴しています。

 

よくここは足元自噴と紹介されているんですが、一旦噴出した源泉が足元や岩壁を通じて壁から染み出している感じなので、岩壁自噴とでも云うべきかな?

雰囲気でいうと岩手県鉛温泉とかに近い感じかなー。

 

主浴槽は深く、ワイルドに立って入る方式。源泉が染み出している壁に背中を付けると、「うわっちょっ!うわっちょ!」となるので注意。

 

染み出した高温の源泉が岩風呂の中で靄を呈しているのが何とも美しい。

とにかく湯の鮮度が抜群であり、立って入る事から足のむくみなどに高い効果を得る事が出来るだろう。

 

宿泊した訳ではないので、全ての風呂を堪能できなかったのが残念。いくつかお風呂があり、露天風呂もあるようです。

 

メインとなる深湯は古い岩風呂だけに、水風呂やサウナ的な近代的な設備はないものの、古より続く唯一無二の源泉を堪能する事が出来る。

 

いや、まぁ温泉にも色々と効能云々あれどこれ以上の贅沢な温泉はそうは無いでしょう・・・。

 

美食

この時は鳴子温泉に止まったので、温麺以外食べて無し。

f:id:sticknumber31:20190225215108j:plain

呑んだ後には最高やったね。

番外編・温泉に絡む学問を考える。

地学的な意味での日本の温泉

日本は温泉大国だと云うのはよく聞く話だが、それを何処まで実感できているのかという問題。

2015年の観光庁のまとめたデータによると、日本は国内だけで温泉地が3155ヶ、そして源泉数に至ると17581ヶ所もあるという。

 

これが海外だとどうなのかと云うと、火山の多いイタリアでも温泉地は200か所程度、風呂文化の根付いているトルコでも1000ヶ所程度という事で、この領土面積に3000ヶ所以上の温泉がひしめく日本がいかに異常な数の温泉が出ているのかが伺える。

 

何でこんなに日本は温泉が湧くのかといえば、水と地熱が豊富だからである。

温泉って水と地熱さえあれば理屈上は何処でも湧くので、海に囲まれた日本は温泉の水源の大半は海から貰っていると云う事になる。

f:id:sticknumber31:20190222181846j:plain

では地熱はどうなのか?というと、この地図からも判るように日本はその陸地の下に地震の原因になるプレートが3枚も交差しており、云うなれば日本という陸地の下で地球の殻が擦れ合っている状態なのである。

 

摩擦熱というとイメージしやすいでしょうが、地球規模のサイズで地面と地面が擦れ合うと、それはもう莫大なエネルギーが発生するという訳で、日本の数十キロ地下の世界では擦れあうプレートによって生じた熱で岩盤が溶け、マグマとなって存在しているという訳です。時折そのずれ込みに上側のプレートがペロン!と反り戻るのがプレート型地震で、未曽有の大災害となった東日本大震災震源地がどの辺にあるのかを見てもらえると・・・。

f:id:sticknumber31:20190222183033j:plain

あっ・・・(察し)

 

地熱と関係ある以上、温泉は地震とも密接な関係があるという訳ですなぁ。

f:id:sticknumber31:20190222183650j:plain

この地図の赤で囲った部分は富士山と伊豆半島と伊豆諸島をかなりざっくり示してますが、この辺は海底火山もバカスカ湧くホットスポットであり、伊豆半島もそうですが、海に囲まれた伊豆諸島の島々に湧く温泉は殆どが塩類泉です。

 

なお富士山周辺辺りから塩類泉は減り、特に山梨側に行くと単純泉が増え、液性もアルカリ性側に寄って肌触りがツルツルとしてきます。これは海から遠ざかるのに加えて、水源が富士の湧水に近くなる事が原因だと思われます。温泉は不純物が少なくなる=単純泉に寄るほどpHがアルカリ性側に寄る事が知られており、巨大な富士山の重みで圧の掛かった地下水が不純物を吸着する溶岩石などに磨かれているためだと思われます。

 

歴史と文学

伊豆で元も有名な温泉は静岡県の熱海温泉ですが、海に面したここの温泉は前述の通り見事な塩類泉を呈しています。

f:id:sticknumber31:20190222185057j:plain

熱海に行くと大体立ち寄りたくなるのがこの日光亭大湯。

かつて徳川家康に献上された源泉を使っているとされ、今はもう枯渇してしまった熱海間欠泉(今は人工的に定期的に噴出させている)の直ぐ近くにある、非常に古い温泉です。

f:id:sticknumber31:20190222185338j:plain

江戸幕府の初代将軍徳川家康は熱海の温泉をこよなく愛したそうで、ここの源泉をわざわざ桶に詰めて江戸幕府まで運ばせたと云われている。贅沢な話ですが、横浜にある万葉の湯は湯河原にある源泉をタンクローリーで運ばせて使用しているので、毎日運んでるのかどうかは知りませんが、ある意味マジキチレベルの温泉への執着が我々日本人にはあるような気がしますね。

f:id:sticknumber31:20190222185836j:plain

ちなみに熱海間欠泉は最初の市外公衆電話が設置された場所としても有名です。

今ではすっかり見なくなった公衆電話ですが、いずれここも撤去されてしまうのでしょうか?

 

さて、熱海と云えば尾崎紅葉の「金色夜叉」のお宮の松が有名ですが、文学という点では熱海に限らず中伊豆の湯ケ野・湯ヶ島や、源頼朝に由来のある伊豆山、太宰治島崎藤村は湯河原、与謝野晶子が宿泊したという群馬の法師温泉など、東京周辺の温泉は近代以降の文筆家に愛された湯治場が沢山あります。

伊豆箱根以外でも四国の道後温泉夏目漱石に所縁があったり、関西の奥座敷と評される兵庫県有馬温泉や、いくつもの隠し湯を噂される武田信玄甲府エリアのように、温泉というのは歴史的に重要な面とは別に文学史の中にもしばしば登場するものだったりしますね。

 

まー自分はあまり文学とか歴史には詳しくない人間なので詳しくはかけませんが、温熱効果を期待する医学的な以外にも色々な学問と交差していると云うのが温泉の面白い所だと思います。

 

やっぱり考察したい医学面

日本の温泉医学のルーツというのは割と群馬大学医学部に招聘されていたベルツ博士の草津温泉に関する研究が興味深い所ですが、

f:id:sticknumber31:20190222192404j:plain

湯田中温泉には陸軍軍医の某偉い人が入浴法などを残していたりと、やはり温泉は古来から病や怪我の治療に一定の役割を果たしてきました。

 

ちなみに私も左腕上腕骨の骨折を温泉治療で治した事がありますが、骨折初期は炎症が強いため入浴禁忌。それから2日に一回程度へ制限解除されるが、退院後に入浴が毎日解禁になってからは回復が速いのなんの。昼間からレバニラ食ったりビール飲んだりして温泉ガッツリ入ってたらものすごい速度で骨がくっついて行きました。

血行が良くなると云うのはそれくらい医学的に治癒効果が高まると云う事なんですなぁ。

 

ちなみに海外では日本ほど地熱が無い地域が多い為、入浴というよりもミネラル補充(必須微量元素)の為の飲泉として使われる事が多く、入浴による治療実践の機会が多い日本は非常に恵まれた環境にあると云えるでしょう。

 

病気に効くの?という問題

骨折は?

骨折に関しては前述の通り、非常によく効きました。2カ月程度と云われていた治療期間が1カ月半と2週間程度早まったのです。

 

皮膚病は?

怪我以外ではどうか?皮膚科領域でも一定の効果があるようです。

これも体験談ですが、1年以上かかりましたが毎日温泉入ってて魚の目が自然治癒した経験もあるので、皮膚の硬化や乾燥、創傷の治癒には高い効果がある模様。

酸性泉などは比較的短期間で水虫などの皮膚感染症にも高い効果があるようです。

 

神経痛は?

神経痛の改善は温泉の代名詞みたいな効能です。

怪我や糖尿病などで足の指先を切断したりしたケースだと、炭酸泉による足湯が血行改善効果により一部の後遺症状を和らげる作用が確認されています。

あと、神経痛は身体を強く温める生薬(附子など)が良く効く場合が多いので、やはり温熱効果は神経因性の痛みには一定の効果があるものと思われますね。

 

痛風は?

水をこまめに取りながら入浴すれば、温熱効果で尿酸の溶解が上昇して足先などの再発防止にはなるかもしれません。酸性泉や放射能泉には尿酸の排泄能を高める効果があるのだとか。ただし、炎症発生中は禁忌なので注意。

 

糖尿病は?

酸性泉や放射能泉には耐糖能を上げる効果が期待されていますが、ホルミシス効果による改善が何処まで見込めるかは謎が多い。

ただ、湯治食と併せれば確実に効果は出る。(食事療法)

 

癌は?

放射能泉や北投石岩盤浴ホルミシス効果で癌に効くとも言われていますが、効果については極めてグレーゾーンです。それどころか癌にも色々とあって恩恵を受けやすい部位や逆に体力の消耗が仇になるケースもあるので、この辺は病状により推奨されないケースがあるでしょう。

 

この手の病気は体力勝負な側面が大きく、入浴というのは食事と同様に非常に体力を消耗する行為なので、ある程度の体力があれば実践する意義もあるかもしれませんが、湯あたりを起こしてしまえば逆に一気に病状が進行する事も考えられるので、必ずがん治療に詳しい医師の指示を貰うようにしましょう。

f:id:sticknumber31:20190222203907j:plain

秋田県田沢湖上流にある玉川温泉α線を発する北投石が地中に多く含まれており、岩盤浴治療に訪れるがん患者が後を絶たない。微弱なα線を浴びると細胞の破壊が起き、それを修復しようとする免疫系の活性化で癌の回復に効果があると期待されている・・・のだが、

f:id:sticknumber31:20190222204446j:plain

ここのお湯はpHが1.1と非常に強力な酸で、蒸気を吸うだけでも結構しんどい。

 

酸性泉もそうですが、特に放射能泉は高張性で湯が重い源泉が多く、想像以上に水圧で体力を消耗します。薬で云うと良く効くけど副作用の強い劇薬のような物だとイメージしてもらうとよいでしょう。場合によっては身体に負担の軽い単純泉の方が良かったりする事もあると思います。

 

ちなみに、発熱や風邪も同じような理由で入浴が制限される場合があります。

体力がないときに温泉入ると割とろくなことにならない、という事やね。

 

うつ病は?

重症の場合、短期的には旅行先などで自殺してしまう人もいるので色々とあれですが、治すつもりで湯治をすれば確実に効果は出ると思います。いわゆる森田療法に近いやり方かもしれませんね。

うつ病はうつの原因から遠ざかる事が最大の治療法なので、死にたくなったら自分はまずスーパー銭湯に行って一日何もしないで過ごすと云うのを実践するようにしてます。

 

高血圧は?

血管はゴムホースのような物で、加齢や不摂生で動脈硬化を起こし固くなってしなりがなくなると血圧がだんだん高くなっていきます。

 

基本的に高血圧の人の入浴は・・・

1.脱衣所を寒くしない。

2.かけ湯で身体を湯に慣らし、急に熱い湯に入らない。

3.入る前に水を飲んでおく。

4.発汗し過ぎない程度に入る。

がポイントになります。

 

温泉による温熱効果は一時的に血液の粘度を下げるのと同時に、水風呂による温冷交代浴は血管の伸縮性を高めて高血圧の予防に一定の効果があると思われます。(もう動脈硬化が進んじゃった人はこの入り方は危険

 

温浴は一時的に血小板の効果を高めて、一過性の血栓発生を助長(体温の上昇に応じて酵素反応が活発になるため)してしまう場合があるので、入浴前の飲水が非常に重要になってきます。まぁこの一過性の血液凝固の亢進が骨折や創傷の治癒に一役買っていると思ってもらうと理解しやすいかも。

 

発汗が多くなっても血液は水分を失ってドロドロになりやすくなるので、サウナは高血圧の方は禁忌となる場合が多い。重度の高血圧の方はもう既に血管の伸縮性が低下しており、入浴自体がリスクだという自覚が必要です。

 

軽度高血圧の人にお勧めなのが炭酸泉か重曹泉で、低温でも血管が拡張しやすくなるので非常に相性が良い泉質と云えるでしょう。ただ、血圧の薬飲んでる人ってよく温泉の後に血圧が下がりすぎてぶっ倒れる人が多いので長湯は注意。温泉は直接血圧に与える影響が大きいので、普段から自分の体の状態をよく観察しておきましょう。

 

このように、温泉は病気やけがの種類によっては有益な効果がある一方で、リスキーな要素も兼ね備えているので、体調をよく考えて適切な泉質を選んではいると良いでしょう。とにかく、温泉に入る事で身体の中でどんな事が起こるのかを理解して入る事が大事ですね。

 

終わりに

色々と語りましたが、歴史、文学、地学、医学・・・これら以外にも地域住民の入浴方法やマナーにもその土地の温泉(公衆浴場)の有無(普及度)や形態(関西式・関東式・TOUHOKU式)で地域差があったりと、温泉から窺い知れるものはまだまだ数多くあります。

 

温泉とは幅広い学問への造詣が深まる一大学問であり、教養でもあります。

これを読んだ人が一つ違った見方で温泉を楽しんでもらえれば幸いに想います。

 

123・月寒温泉

温泉

f:id:sticknumber31:20190222104352j:plain

館内概要。大型施設につき風呂場の写真は無し。

入浴施設にしては1300円とお高いが、大小タオルと館内着、髭剃りや歯ブラシもつく。これであかすりもあれば完璧なんだけどね。

 

成分分析書

ちょっと写真が見当たらず。

低張性の単純泉ですが、源泉は約25℃程度のモール泉。

 

概要

f:id:sticknumber31:20190222113857j:plain

月寒温泉は札幌市内にある有名な温泉だが、札幌ドームの目と鼻の先にあって、かつ夜間は宿泊もできると云う事もあって、野球のナイターがある時などはそのまま泊まって帰る人などでごった返す。でもお風呂は夜12時までなので注意が必要だ。

 

総評

現在の自宅からそう遠くないと云う事もあってちょくちょく行く事も多い温泉であるが、札幌らしく真っ黒なモールが特徴の温泉。

f:id:sticknumber31:20190222114520j:plain

館内図にも示してあるが、源泉風呂は二つあり、高温浴槽は加温源泉フル。

実は小さく書いてあるものの源泉水風呂が完全なかけ流しになります。

(水風呂が2つある所がポイント)

 

露天風呂からは市内の景色が一望できて中々の眺望、単純泉とはいえ源泉はそこそこの炭酸水素イオンを含む血管拡張性の高い温泉で、浴後は血管が開くため湯冷めに注意が必要になってくる。

というのもこの月寒温泉は塩分が少ないのに加えて、加温にしても貧弱な札幌民に合わせて高温浴槽は42℃程度しかない。この温泉で身体の芯まで温めるには結構な時間をかけて湯に漬かる必要があるのである。

 

しかし源泉をそのまま使った水風呂の浴感はモール泉らしくなかなか素晴らしく、浴感はツルツルとして小気味が良い。大型の施設でこのように源泉を上手く使っている温泉はあまりないので、そこは評価したいところ。

 

美食

別のフロアではとんでんが複合されているので、食事もとることができる。

ただ、とんでんだったので写真はとっておらず。

個人的には担々麺とカニ炒飯食うのが好き。

122・釧路市内の温泉(ふみぞの湯・パコの湯・大喜湯)

温泉

f:id:sticknumber31:20190131220548j:plain

ホテルパコの温泉の設備概要。ここは設備充分でお勧め。

他の写真はちょっと無かったので割愛。

 

成分分析書

f:id:sticknumber31:20190131223435j:plain

パコの湯。源泉約29℃で、加温。

海水の約2/3の濃さの塩湯なんだけど、ストロンチウムバリウム出てるの草。

f:id:sticknumber31:20190131221133j:plain

ふみぞの湯。パコの湯より若干塩分が濃いが、源泉は25℃程度と冷たいためやはり加温。臭素とかハロゲンが出るのはやはり海水塩泉の由来かね・・・。

f:id:sticknumber31:20190131221632j:plain

大喜湯の温泉、こちらは昭和店。

バリウムストロンチウムはもしかしてパコの湯しか調べてない?

やはり塩類泉。若干陸寄りにある為か、ここだけは他の湯に比べて少しモール感がある気がした。

f:id:sticknumber31:20190131223014j:plain

同じく大喜湯の春採店。源泉位置が新富町となっているので、運んでいるのかな?

ここも設備が充実しているのでお勧めだ。

 

概要

f:id:sticknumber31:20190131224726j:plain

温泉で検索したらこんだけヒットしたんだけど、普通のホテルや銭湯も含まれているので、今回記載しているモノには印をつけた。

ちなみに天然温泉幣舞の湯・ホテルラビスタも温泉ではあるのだが、加水しまくりでほぼ普通の湯だったので今回は除外。

 

f:id:sticknumber31:20190131231432j:plain

ちなみにホテルパコの周辺は釧路最大の繁華街・末広町なのですが、御覧の通りもう雰囲気が昭和の歌舞伎町・・・いや、ほぼ龍が如く0の神室町

酔っ払いによる喧嘩も頻繁に発生しているので、夜は非常に治安が悪い。

f:id:sticknumber31:20190131232108j:plain

こういう通りは昼間だと若干のわくわく感もあるが、夜は洒落にならんよ。

実際に自分も地元の酔っ払いに絡まれたので、まぁ大体そんな感じ。

 

というか、観光のイメージ悪くなるから地元民も警察ももうちょい警備(と教育)どうにかしろよ・・・とは思う。美味しい店が多いだけに負の面があるのは残念だね。

 

総評

この辺りの湯は成分分析表で概ねのスペックが見えてくる。

釧路市内の温泉は概ね20g/kg前後の塩分を含み、この辺りが確かに海水が滲みた湿地帯なのだと云う事を感じさせる。元々海だったエリアなのでしょう。

 

面白いのは見た目こそどれも透明な湯ながら、若干海から離れている大喜湯・昭和店の湯だけはほんの少し香りにモール感があるという点だ。

さらに内陸に寄った山花温泉では濃厚な塩分に加えて完全に色が茶色がかっているので、やはり海から内陸によるほど地質に有機物が増えているのだと云う事が判る。

 

いずれも泉質は似たり寄ったりなので、浴感に大した差はなく保温効果は抜群に高いのだが、あとの評価は設備的な差によるところが多いかと思う。

 

価格的にはホテル併設のパコの湯が一番高いが、宿泊で使うなら繁華街のど真ん中にあるパコの湯は釧路を堪能するという点では最高の立地にあると云えるだろう。露天風呂からは街を見下ろせてロケーションも最高ですからね。

 

午前中、開店直後に入るなら大喜湯・春採店。内湯と露天を含めた複数の浴槽に、温度の違う二種類の水風呂は初心者の交代浴にもお勧めだ。ゆっくり長く入るならここ。

 

浴槽の数は少ないが立って入れるほどの深めの水風呂があるのがふみぞの湯で、こちらは食事メニューなどが充実している。

 

大喜湯・昭和店は独特の構造をした施設だが、前述の通り他の温泉と比べて少し湯の香りが異なるため、ここはここで面白い発見がある温泉だった。遅くまでやっているのも高評価。

 

美食

f:id:sticknumber31:20190131230501j:plain

白レバーってちょっと流行りなんでしたっけ?

これは確か釧路の愛国町の飲み屋で食べた白レバー。(白くないけど)

f:id:sticknumber31:20190131230735j:plain

ホタテもそうなんだけど、北海道はつぶが甘いね。

f:id:sticknumber31:20190131230911j:plain

青つぶの無敵艦隊末広町では有名なつぶ焼きラーメンのかど屋です。

ここはラーメンも普通に旨い。

f:id:sticknumber31:20190131231157j:plain

あっは!ごちそう!でも何の魚だったか忘れた。

 

今回は釧路市内の温泉をまとめて紹介しましたが、まぁ泊まるついでに・・・という感じで考えると良いかもしれないね。